ホーム > 市政情報 > 国際交流 > 資料(生活情報ガイド、多言語防災ガイドなど) > 表敬訪問 > 平成30年12月18日 青年海外協力隊帰国報告および出発あいさつが行われました

更新日:2018年12月27日

ここから本文です。

平成30年12月18日 青年海外協力隊帰国報告および出発あいさつが行われました

                                JICA表敬訪問集合写真

JICA(独立行政法人 国際協力機構)の2016年度第2次青年海外協力隊員として、2016年9月から2年間モザンビークに派遣されていた羽田野 直子(はだの なおこ)さん、10月から2年間ブータンに派遣されていた小翠 香織(こみどり かおり)さんが帰国報告、また2018年度第3次隊青年海外協力隊員として2019年1月から2年間ルワンダに派遣される椎原 渉(しいはら わたる)さん、パラグアイに派遣される吉岡 昂正(よしおか こうせい)さんが出発あいさつのため大分市役所を訪れました。

羽田野さんは、「モザンビークでは、ポルトガル語と現地語を使って識字率の向上のための業務に携わりました。現地の子どもたちに日本の文化も教えることができ貴重な経験になりました。」

小翠さんは、「ブータンで医療機器の管理業務に携わり、メンテナンスのシステム構築などを行いました。現地の方と協力して日本のシステム導入に向け取り組むことがでました。」と帰国報告を述べました。

 

続いて椎原さんが「今回ルワンダに派遣されることになりました。コミュニティ開発としてコーヒー農園での業務に携わります。前職の経験と知識を生かし現地の方と協力して頑張りたいと思います。」

吉岡さんが「小学校教員としてパラグアイに派遣されることになりました。初代で派遣されることになり不安もありますが、体験学習や経験学習の楽しさを現地の子どもたちに楽しく教えられればと思ってます。」とあいさつしました。

 

佐藤市長は、「羽田野さん、小翠さんにおかれましては、2年間大変お疲れさまでした。今後もぜひこの貴重な経験を活かし、ご活躍いただきたいと思います。また、椎原さん、吉岡さんにおかれましては、健康面には十分に注意して、現地でしっかりと貢献して来てください。」と激励しました。

訪問日時

平成30年12月18日 午前9時30分~9時50分

場所

市長室(市役所本庁舎3階)

来られた方

  • 2016年度第2次青年海外協力隊員 羽田野 直子(はだの なおこ)さん
  • 2016年度第2次青年海外協力隊員 小翠 香織(こみどり かおり)さん
  • 2018年度第3次青年海外協力隊員 椎原 渉(しいはら わたる)さん
  • 2018年度第3次青年海外協力隊員 吉岡 昂正(よしおか こうせい)さん

随行者

  • JICA九州所長 植村 吏香(うえむら りか)さん
  • JICA青年海外協力隊相談役 有里 泰徳(ありさと やすのり)さん
  • JICAデスク大分 国際協力推進員 佐保 好信(さほ よしのぶ)さん

市の出席者

佐藤市長

お問い合わせ

企画部文化国際課国際化推進室

電話番号:(097)537-5719

ファクス:(097)536-4044

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る