ホーム > 市政情報 > 国際交流 > 資料(生活情報ガイド、多言語防災ガイドなど) > 表敬訪問 > 平成27年度の表敬訪問 > 平成27年 6月27日 チェコ共和国駐日特命全権大使が大分市を訪れました

更新日:2015年7月15日

ここから本文です。

平成27年 6月27日 チェコ共和国駐日特命全権大使が大分市を訪れました

チェコ共和国駐日特命全権大使と関係者みなさんとの集合写真

 

(写真左上から、加来 朋子、高倉 則人、後藤 英敏、沖中 繁男、鹿島 萌、伊東 和俊。左下から、赤松 健一郎、トマーシュ・ドゥプ、佐藤 樹一郎、工藤 紘喜。※敬称略)

チェコ共和国駐日特命全権大使が来市し、佐藤市長を表敬訪問しました。

はじめに佐藤市長が、「今回の来訪は、大使による文化講演会開催並びに大分・チェコ友好協会の総会・懇親会出席のためと伺っており、大使から直接チェコ共和国の文化について講演をいただけることは大分市民にとって大変貴重な機会です。今回の訪問が大分とチェコの更なる関係深化につながることを願っています。」と歓迎のあいさつを述べました。

次に、チェコ共和国駐日全権大使が、「大分・チェコ友好協会の方々とは東京で何度がお会いしているが、大分を訪れるのは今回が初めてです。2007年から続くチェコと大分の交流が今後も継続することを願っています。」とあいさつされました。

その後の歓談では、大分とチェコの共通点として温泉資源があること、ヨーロッパ諸国では日本は安全に旅行できる国として定評があることなどが述べられ、和やかな雰囲気のもと終了しました。

訪問日時

平成27年6月27日(土曜日)午後2時~2時20分

場所

レンブラントホテル大分

来られた方

  • トマーシュ・ドゥプ チェコ共和国駐日特命全権大使
  • 鹿島 萌 チェコ共和国財務・管理部アシスタント
  • 随行者 赤松 健一郎 大分・チェコ友好協会会長
  • 伊東 和俊 大分・チェコ友好協会副会長
  • 工藤 紘喜 大分・チェコ友好協会副会長
  • 沖中 繁男 チェコ観光センター顧問兼大分・チェコ友好協会アドバイザー
  • 高倉 則人 大分・チェコ友好協会 日田理事
  • 後藤 英敏 大分・チェコ友好協会事務局長
  • 堀 俊郎 大分県企画振興部国際政策課長

出席者

佐藤市長、文化国際課長

歓談の様子

 

お問い合わせ

企画部国際課 

電話番号:(097)537-5719

ファクス:(097)536-4044

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る