ホーム > 市政情報 > 国際交流 > 資料(生活情報ガイド、多言語防災ガイドなど) > 表敬訪問 > 駐日チェコ共和国特命全権大使が市長を表敬訪問されました

更新日:2018年12月5日

ここから本文です。

駐日チェコ共和国特命全権大使が市長を表敬訪問されました

集合写真

チェコ共和国駐日特命全権大使が来市し、佐藤市長を表敬訪問しました。

はじめに佐藤市長が、「大使は、12月を持ちまして4年の任期を終え、日本を離れられると伺っております。在任中には、大分とチェコの相互理解と友好親善はもとより、さまざまな交流の懸け橋として多大なるご尽力をいただきましたことに対し、深く敬意を表する次第でございます。」とあいさつを述べました。

次に、チェコ共和国駐日全権大使が、「大分・チェコ友好協会の方々をはじめ、大分の皆さまの温かい歓迎に心から感謝申し上げます。今回日本を離れることになり非常に残念ですが、今後も日本とチェコの交流が継続することを願っています。」とあいさつされました。

また現在、私立岩田高校にチェコから留学しているヤコブ・ロフニツキーさんも同席し、「チェコで始めた剣道が日本語を学ぶきっかけになりました。今回1年間という短い期間ではありますが、大分に留学することができとても嬉しく思っています。」とあいさつされ、終始和やかな雰囲気のもと終了しました。

訪問日時

平成30年11月29日(木曜日)午前9時30分~9時50分

場所

第二応接室

来られた方

  • トマーシュ・ドゥプ チェコ共和国駐日特命全権大使
  • モニカ・ドビアーショヴァー第一書記官
  • 岩田高校留学生 ヤコブ・ロフニツキーさん
  • 赤松 健一郎 大分・チェコ友好協会会長ほか6名

市の出席者

佐藤市長、企画部長、文化国際課長

 

 

お問い合わせ

企画部文化国際課国際化推進室

電話番号:(097)537-5719

ファクス:(097)536-4044

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る