ホーム > 市政情報 > 国際交流 > 資料(生活情報ガイド、多言語防災ガイドなど) > 表敬訪問 > 平成28年度の表敬訪問 > 平成28年9月2日 武漢市中南民族大学短期日本語研修生のみなさんが、久渡副市長を表敬訪問されました

更新日:2016年9月14日

ここから本文です。

平成28年9月2日 武漢市中南民族大学短期日本語研修生のみなさんが、久渡副市長を表敬訪問されました

武漢市中南民族大学短期日本語研修生のみなさんとの集合写真

平成28年9月2日(金曜日)に武漢市中南民族大学短期日本語研修生のみなさんが、久渡副市長を表敬訪問しました。

はじめに久渡副市長が、「本市を代表する伝統芸能である「鶴崎踊り」に参加されたと伺っておりますが、日本の文化を体験してその魅力を肌で感じていただき、たくさんの大分市民と交流を行うことで、皆さんが異文化への理解をさらに深めるとともに、大分と武漢の友情の架け橋となっていただくことを期待しております。」と歓迎のあいさつを述べました。

次に、訪問団を代表して舒 敏(じょびん)団長が、「我々は8月17日から日本文理大学別科の短期日本語研修プログラムに参加をしています。多くの団員が、今回初めて日本を訪れました。大分市はきれいなまち、そして市民が皆親切で温かい街であると感じています。短い研修期間ですが、充実した日々を過ごしています。」とあいさつされました。

その後、研修生を代表して郭 冉(かくぜん)さんが流暢な日本語であいさつをされ、鶴崎踊りに参加した思い出や友人が電車内で忘れ物をした際、駅員の方が親切な対応をしてくださったエピソードなどを語ってくださいました。

表敬訪問後は、市庁舎、ホルトホール大分、大分市美術館の見学を行いました。

訪問日時

平成28年9月2日(金曜日)午前10時~10時30分

場所

特別会議室(本庁舎3階)

来られた方

  • 武漢市中南民族大学短期日本語研修生 17名
  • 武漢市中南民族大学引率教員 敏 様
  • 日本文理大学別科日本語課程別科長・国際交流室課長 清田 芳弘 様

市の出席者

久渡副市⻑、広瀬文化国際課長

武漢市中南民族大学短期日本語研修生の学生代表挨拶

お問い合わせ

企画部国際課 

電話番号:(097)537-5719

ファクス:(097)536-4044

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る