ホーム > 市政情報 > 国際交流 > 資料(生活情報ガイド、多言語防災ガイドなど) > 表敬訪問 > 駐日モンゴル国臨時代理大使が市長を訪問されました

更新日:2018年12月10日

ここから本文です。

駐日モンゴル国臨時代理大使が市長を訪問されました

駐日モンゴル国大使館のダンバダルジャー・バッチジャルガル臨時代理大使があいさつのため、佐藤市長を訪問されました。
臨時代理大使は、「モンゴルは地下資源が豊富な国で、ビジネスチャンスがある国として世界から注目されています。大分とは日本の県の中では5本の指に入るくらい盛んに交流を行っていますが、今後は大分市の企業と経済の面でも関係を深めていきたいと考えています。」とあいさつされました。
市長からは、「モンゴルは市場としても大変魅力のある国ですので、お互いに交流を深めていくことで経済の発展につながると思います。大分市には農水産物もたくさんあるので、さまざまな分野で中小企業間の交流を行っていきたい。」とあいさつしました。

訪問日時

平成30年5月24日(木曜日) 午後1時~1時20分

場所

大分市役所本庁舎3階第1応接室

来られた方

ダンバダルジャー・バッチジャルガル駐日モンゴル国臨時代理大使

NPO法人大分県ベンチャー協議会 理事長 小野敬一(おの けいいち)氏ほか4名

 

市の出席者

佐藤市長、衛藤文化国際課長、朝見創業経営支援課政策監、林国際化推進室長

 歓談の様子2

お問い合わせ

企画部文化国際課国際化推進室

電話番号:(097)537-5719

ファクス:(097)536-4044

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る