ホーム > 大分市ホームページ ウェブアクセシビリティ方針

ここから本文です。

更新日:2018年1月5日

大分市ホームページ ウェブアクセシビリティ方針

ウェブアクセシビリティとは

ウェブアクセシビリティとは、高齢者や障がい者を含めて、誰もがホームページ等で提供される情報や機能を支障なく利用できることを意味します。(総務省「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」(別ウィンドウで開きます)より)

ウェブアクセシビリティに関する日本工業規格JIS X 8341-3:2016(以下、「JIS」と記載)が、平成28年に公示され、平成28年に改定された総務省「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」により、国および地方公共団体等の公的機関に対し、JISに対応したホームページとするための取り組みが求められています。

大分市の取り組み

大分市では、平成25年度にウェブアクセシビリティに関するJISに基づく調査を行いました。

調査の結果、明らかになった問題点のうち、早期に対応が可能なものから順次改善を進め、さらに利用しやすい環境を提供できるよう努めていきます。

現在、把握している主な問題点

  • 画像の代替テキストが適切でなく、音声読み上げソフトの利用者等に情報が適切に伝わらない箇所がある。
  • 文書の見出し、表、箇条書きなどが、構造を表すHTMLタグで指定されていないため、音声読み上げソフトの利用者等が構造を理解できない箇所がある。
  • 文字の色と背景の色とのコンストラストが不十分なため、文字を読み取りづらい箇所がある。

対応目標(ウェブアクセシビリティ方針)

1. 対象範囲

大分市ホームページ(http://www.city.oita.oita.jp/)のうち、コンテンツ管理システムを使用して作成・公開するウェブページ。

大分市が運営している他ドメインのホームページは対象から除外し、別途対応方法などを検討した上で取り組みを進めます。

2. 目標とする等級

JISの等級AA※に準拠

※JISには、A、AA、AAAの3つの等級があります。「等級AAに準拠」とは、等級Aおよび等級AAの全ての達成基準を満たすことを意味します。この表記方法は、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン 2016年3月版」(別ウィンドウで開きます)で定められた表記によるものです。

なお、公的機関は「等級AAに準拠」することが推奨されています。

3. 目標を達成する期限

平成29年度末まで(予定)

4. 例外事項

PDFファイルについては、このウェブアクセシビリティ方針に含めません。

お問い合わせ

企画部広聴広報課 

電話番号:(097)537-5601

ファクス:(097)532-7800

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る