ホーム > 健康・福祉・医療 > 感染症 > 感染症発生動向情報

更新日:2022年9月28日

ここから本文です。

感染症発生動向情報

2022年38週 9月19日~9月25日分  

RSウイルス感染症が流行しています

   RSウイルス感染症にご注意ください
    RSウイルス感染症は感染力が非常に強く、2歳頃までにほぼ100%の子どもが感染するとされる呼吸器の感染症です。
〈症状〉軽い風邪症状から重い肺炎までさまざまです。初感染の乳幼児では肺炎、細気管支炎、急性脳炎などの合併症がおこる場合もあります。
〈経路〉感染している人の咳やくしゃみ等しぶきを吸い込む飛沫感染と、ウイルスが潜んでいる鼻水やよだれ等が付着した物や手指を触ったりなめたりすることで感染する接触感染があります。
〈予防〉マスク着用による飛沫防止、流水と石けんによる手洗い、おもちゃ等の消毒(アルコール等)に心がけましょう

大分市感染症発生動向(第38週)(PDF:1,334KB)

前の情報は下記をクリックしてください 

医療機関の方へ

感染症法に基づく医師の届出のお願い(厚生労働省)(別ウィンドウで開きます)

関連情報   

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部保健予防課 

電話番号:(097)536-2851

ファクス:(097)532-3356

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る