ホーム > 健康・福祉・医療 > 感染症 > コロナ禍におけるインフルエンザ予防について

更新日:2021年11月25日

ここから本文です。

コロナ禍におけるインフルエンザ予防について

 

 全国的に新型コロナウイルス感染症が流行している中、冬期はインフルエンザとの同時流行が懸念されてます。感染予防のための対策は、インフルエンザと新型コロナウイルス感染症で共通しています。予防するために、以下の点を心がけましょう。

 インフルエンザとは

 インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによる呼吸器感染症です。1~3日の潜伏期間の後、38度以上の発熱、頭痛、咳、咽頭痛、筋肉痛などが主な症状です。

 

 感染経路は、主に感染者の咳、くしゃみなどによって放出されたウイルスを、鼻腔や気管など気道に吸引することによる飛沫(ひまつ)感染ですが、ウイルスが付着した手で物に触れ、他の人がそれを触り口や鼻を触ることによる接触感染もあります。

 

  予防のポイント

 1.感染経路を断つ

 咳エチケット

  • 《続けて咳やくしゃみがでるときは》
  • マスクを着用しましょう。
  • ティッシュなどで鼻と口を覆いましょう。
  • とっさの時は、袖や上着の内側で覆いましょう。
  • 周囲の人からなるべく離れましょう。

咳エチケット(厚生労働省)(別ウィンドウで開きます)

 

マスクの正しいつけ方

  • マスクの上部を鼻筋に合わせましょう。
  • 鼻、口、あごを覆いましょう(隙間がないようにできるだけ顔面に密着させる)。

こまめに手洗い・手指消毒

 外出後、食事前後などこまめに手洗い・手指消毒をしましょう。

手洗いポスター(厚生労働省)(別ウィンドウで開きます)

 その他

  • できるだけ人ごみを避けましょう。
  • 外出時はマスクを着用しましょう。
  • こまめに部屋を換気しましょう(1時間に5~10分程度)。
  • 加湿器などを使って適切な湿度(50~60パーセント)を保ちましょう。

 

2.抵抗力をつける

 体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を日頃から心がけましょう。

 

3.免疫をつける

 インフルエンザワクチンを接種することで、人の免疫機能を利用し、ウイルスに対する抗体をつくって、重症化を防ぎます。高齢者や基礎疾患のある方は、重症化する可能性が高いと考えられますので、かかりつけ医等と相談しましょう。

 

インフルエンザ診断後の外出を控える期間について

 一般的に、インフルエンザ発症前日から発症後3~7日間は鼻やのどからウイルスを排出するといわれています。そのためにウイルスを排出している間は、外出を控える必要があります。

 排出されるウイルス量は解熱とともに減少しますが、解熱後もウイルスを排出するといわれています。排出期間の長さには個人差がありますが、咳やくしゃみ等の症状が続いている場合には、不織布製マスクを着用する等、周りの方へうつさないよう配慮しましょう。

 現在、学校保健安全法(昭和33年法律第56号)では「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで」をインフルエンザによる出席停止期間としています(ただし、病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めたときは、この限りではありません)。 

 関連情報

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部保健予防課 

電話番号:(097)536-2851

ファクス:(097)532-3356

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る