ホーム > 健康・福祉・医療 > 感染症 > 新型インフルエンザについて

更新日:2010年3月17日

ここから本文です。

新型インフルエンザについて

新型インフルエンザとは・・・・?

新型インフルエンザとは、動物、特に鳥類のインフルエンザウイルスが遺伝子の変異により人から人へ感染するようになって起こる病気のことです。

新型インフルエンザはこれまでおよそ10年から40年の周期で発生しており、ほとんどの人が新型のインフルエンザウイルスに対する免疫を持っていないため、世界的な大流行を引き起こすこととなります。

通常のインフルエンザ

毎年冬になると流行するインフルエンザで、Aソ連型やA香港型、さらにはB型などがあります。

鳥インフルエンザ

鳥の間で流行しているインフルエンザで、稀に人へ感染することがあります。現在は高病原性のH5N1型が流行しています。

新型インフルエンザ

まだ発生していない未知のウイルスによるインフルエンザで、稀に人へ感染した鳥インフルエンザが遺伝子の変異で人から人へ効率的に感染するようになるものをいいます。

過去のインフルエンザ大流行について

20世紀では、1918年(大正7年)に発生したスペインインフルエンザ(通称 スペイン風邪)の大流行が最大です。

また、1957年(昭和32年)にはアジアインフルエンザ(通称 アジア風邪)、1968年(昭和43年)には香港インフルエンザ(通称 香港風邪)がそれぞれ大流行を引き起こしています。

いずれも鳥由来のウイルスが人から人へ感染するようになって、引き起こされたと考えられています。

過去のインフルエンザ大流行の図

高病原性鳥インフルエンザの家禽や野鳥への感染状況

近年、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)が東南アジアを中心に流行し、また、ヨーロッパやアフリカでも確認されるなど、依然として流行が拡大・継続しています。

日本(山口県)においては平成16年1月、79年ぶりの高病原性鳥インフルエンザの発生が確認されました。

その後、大分県や京都府においても高病原性鳥インフルエンザの発生が確認され、平成19年1月には宮崎県の3ヶ所の養鶏場で相次いで集団発生が見られました。

さらに、タイやベトナム等では高病原性鳥インフルエンザの人への感染や死亡例が報告されています。このように、人から人へ感染する新型インフルエンザの発生が懸念されています。

世界の鳥インフルエンザ(H5N1)発生状況の画像

新型インフルエンザが発生した場合の対応

新型インフルエンザが発生した場合に、その感染から身を守るためには、まず外出を控えることが大切です。

そのため、できれば最低2週間程度の食料品や日用品等を備蓄しておくことが必要です。

また、外出した場合には、従来のインフルエンザと同様、帰宅時等の手洗いやうがいを行うことが大切となります。

さらに、感染拡大防止のために、咳エチケットを心がけていただくことも必要です。

新型インフルエンザの発生に備えて

  • 最低2週間程度の食料品等を備蓄しておきましょう!
  • 日頃から帰宅時の手洗いやうがいの励行と咳エチケットを心がけましょう!

咳エチケット

  • 咳やくしゃみをするときは、ハンカチやティッシュで口や鼻を覆いましょう。
  • 使用したティッシュはゴミ箱に捨てましょう。
  • 咳やくしゃみをした後は、手を洗いましょう。
  • 熱、咳、くしゃみなどの症状がある人はマスクをしましょう。

ダウンロード

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部保健総務課 

郵便番号870-8506 大分市荷揚町6番1号

電話番号:(097)536-2222

ファクス:(097)532-3105

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る