ホーム > 健康・福祉・医療 > 感染症 > 世界エイズデーキャンペーンを実施します

更新日:2021年10月15日

ここから本文です。

世界エイズデーキャンペーンを実施します

レッドリボン12月1日は『世界エイズデー』です。

WHO(世界保健機関)は、1988年に世界的レベルでのエイズまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を図ることを目的として、12月1日を“World AIDS Day”(世界エイズデー)と定め、エイズに関する啓発活動等の実施を提唱しました。

2021年キャンペーンテーマ「レッドリボン30周年~Think Together Again~」

近年は治療法が進歩しており、HIVの感染に気づき早めに治療をすることで、エイズの発症を防ぐことができるようになってきました。しかし、現状はそうした変化が正確な情報として十分に伝わっているとは言えず、HIV/エイズについては、原因不明で有効な治療法が無いという過去の認識にとどまっている場合が少なくありません。

今回のキャンペーンテーマに掲げているレッドリボンは、「世界エイズデー」キャンペーンをはじめ、HIV/エイズに関する運動の世界的なシンボルです。1991年にニューヨークの芸術家たちが、エイズで亡くなった仲間に対する追悼の気持ちとエイズに苦しむ人々への理解と支援の意思を表明するため、レッドリボンをシンボルとする運動を始めて30周年となりました。この節目において、今一度、HIV/エイズについて知識を身につけてみませんか?

HIVとエイズについて

HIV感染とエイズの違い

  • HIV感染とは…体の中にHIV(ヒト免疫不全ウイルス)が存在している状態をいいます。自覚症状がほとんどないため、本人が気づくことは困難です。
  • エイズ(後天性免疫不全症候群)とは…HIVに感染することで免疫力が低下し、本来であれば自分の力で抑えることのできる病気を発症した状態をいいます。HIVに感染してエイズを発症するまでに数年かかるといわれており、エイズと診断する23の疾患のいずれかに該当しない限り、エイズではありません。

感染経路

HIVの感染力は弱く、性的接触以外の日常生活の中で感染することはありません。そのため、感染者と握手するなどのたんなる接触では感染しません。また、唾液に含まれるHIVはごく微量のため、せきやくしゃみ、飲み物の回し飲みなどでも感染することはありません。

治療

 HIVに感染していたとしても、早期に発見し、治療することができればエイズの発症を防ぐことができます。また、継続して治療すれば平均寿命まで生きられるくらい治療は進歩しています。

世界エイズデーキャンペーンを実施します

エイズに関する啓発ポスターおよび、小・中学生と高校生が思いを込めて一つ一つ手作りしたレッドリボンを飾ったツリーを展示します。(写真は2019年の世界エイズキャンペーンの様子)

セカイエイズデーキャンペーンカイジョウ

期間

令和3年11月26日(金曜日)正午~12月10日(金曜日)午後3時

場所

 J:COM ホルトホール大分

関連情報

お問い合わせ

福祉保健部保健予防課 

電話番号:(097)536-2851

ファクス:(097)532-3356

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る