ホーム > くらし・手続き > 国民健康保険・年金 > 国民健康保険 > 国保の給付 > 柔道整復師(整骨院・接骨院)等の施術を受けられる方へ

更新日:2021年4月22日

ここから本文です。

柔道整復師(整骨院・接骨院)等の施術を受けられる方へ

整骨院・接骨院には健康保険証が使える場合と使えない場合があることをご存じでしょうか?

単なるマッサージ代わりの利用では健康保険証は使えません。

施術を受ける際は、いつ・どこで・何をして・どんな症状があるのか施術者へ正確にきちんと伝えましょう。

ご不明な点は、施術所窓口でお尋ねください。

国民健康保険が使える場合

  • 急性の外傷性の打撲・ねんざ・挫傷(肉離れを含む)
  • 〇骨折・脱臼の応急処理
    *応急処置後に施術を受ける場合や、応急処置以外で骨折・脱臼の施術を受ける場合は、あらかじめ医師の同意(口頭での同意可)が必要です。
  • 〇骨・筋肉・関節のケガや痛みで、その負傷原因がはっきりしているとき

国民健康保険が使えない場合

  • ✖疲労性、慢性的な要因からくる肩こり・筋肉疲労
    *日常生活による疲れ・肩こり・腰痛
    *スポーツなどによる筋肉疲労
    *神経痛・リウマチ・五十肩・慢性関節炎などからくる痛み、こり
  • ✖慢性病や症状の改善のみられない長期の施術
    *長期間、施術を受けても快方に向かわないときは、内科的な要因も考えられますので、一度医師の診察を受けましょう。
  • ✖労災保険が適用となる仕事中や通勤途上での負傷
  • ✖保健医療機関で同じ負傷等で治療中のもの(医師の同意がない場合)
  • ×他の施術所で同じ負傷等で治療中のもの
    *病院、診療所、他の施術所において同じ負傷で治療中のものは、施術を受けても国民健康保険の対象になりません。

整骨院・接骨院にかかるときの注意点

  • 領収書は必ずもらって保管しておきましょう。
    ※治療の内容について国保よりお尋ねすることがあります。
    整骨院・接骨院にかかったときは、負傷部位や施術内容などの記録、領収書を保管し、国保年金課から問い合わせがありましたら、ご自身で回答できるようご協力をお願いします。
  • 「療養費支給申請書」の内容を確認し、委任状欄への署名は自分で書きましょう。
    ご自身(患者)が柔道整復師に国保への給付請求を委任するための書類です。
    1.負傷の原因2.施術を受けた回数3.自己負担額4.施術内容に誤りがないか、よく確認して、必ずご自身で署名しましょう。
    ※受領委任払い…柔道整復師が地方厚生局長と「受領委任払い」の協定を結んでいれば、窓口で一部負担金を支払うだけで施術が受けられます。

お問い合わせ

市民部国保年金課 

電話番号:(097)537-5616

ファクス:(097)534-8042

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る