ホーム > くらし・手続き > 国民健康保険・年金 > 国民年金 > 国民年金給付関係の添付書類がマイナンバーを利用した情報連携の本格運用開始により一部省略されます

更新日:2019年8月6日

ここから本文です。

国民年金給付関係の添付書類がマイナンバーを利用した情報連携の本格運用開始により一部省略されます

日本年金機構において、年金関係のマイナンバーを活用した情報連携の本格運用が一部開始され、国民年金給付関係(年金請求書など)の届書を提出する際、届書にマイナンバーを記載していただくことにより、これまで添付が必要だった住民票の写しや所得証明書などが原則添付不要となりました。

ただし、情報連携の対象外となっている戸籍関係の添付書類などについては、省略することができません。

なお、マイナンバーによる届け出をされる場合は、マイナンバーカードをご持参いただくか、マイナンバー通知カードもしくはマイナンバーが記載された住民票の写しとともに本人確認書類(運転免許証など)を持参してください。

 

お問い合わせ

市民部国保年金課国民年金室

電話番号:(097)537-5617

ファクス:(097)532-0705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る