更新日:2018年9月7日

ここから本文です。

「食べきり!おおいた3010運動」

日本の食品ロスは1年間で646万トン

これは、国民1人あたりが毎日お茶碗一杯分ごはんを捨てているのと同じ量です。

もったいない...

特に、宴会では、親睦を深めるために席を離れることから、食べ残しが多くなっています。 

このような食品ロスを減らすために、大分市は「食べきり!おおいた3010運動」を推進しています。

「3010運動」とは...

宴会等のはじめの30分と、おわりの10分

皆さんで食べる時間を設けて食べ残しを減らす運動です。

ご協力をお願いいたします。

 3010運動ポスター

私たちができること

幹事さんは...

お店に相談して適量を注文しよう!

  • 参加者の構成は
    年齢、男女別など、参加者の構成を伝えましょう。
  • 飲み物は
    「アルコールを飲む人が多い」「ソフトドリンク中心で」「いろんな種類のお酒を飲みたい」
    など、飲み物によって料理の種類や食べきれる量も変わってきます。
  • 料理の好みは
    「さっぱりした料理がよい」「揚げ物を多めに」「野菜中心で」「おいしいつまみが少量あれば」
    など、参加者の好みにあった料理を注文しましょう。
  • 量は
    「たくさん食べるから多めに」「飲み物多め、料理は少なめ」「おいしいものを少量でよい」
    など食べきれる量を考え、お店に相談して注文しましょう。

参加している皆さんに声かけしよう!

  • あいさつの中で
    「今日は"みんなで食べきり"を目標に、"3010運動"に取り組みたいと思います。
    "もったいない"という気持ちを持って、おいしく残さず食べましょう。」
    「30分たちましたら声をかけますので、それまでは席を離れず、みんなで食事を楽しみましょう。」
  • 乾杯後30分が経過したら
    「みなさんおいしくいただいていますか?」
    「始まってから30分がたちましたので、席を離れて親睦を深めていただいてけっこうです。
    お開きの10分前になりましたら、再度、声をかけさせていただきますので、ご協力をお願いします。」
  • 終了10分前になったら
    「終了10分前になりました。自分の席に戻って食事を楽しんでください。
    食べ残しのないよう最後までおいしくいただきましょう。」

参加している皆さんは...

  • 温かい料理は温かいうちに、冷たい料理は冷たいうちに
  • 料理がたくさん残っているテーブルから少ないテーブルにおすそ分け

関連情報

ダウンロード

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部ごみ減量推進課 

電話番号:(097)537-5687

ファクス:(097)534-6252

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る