更新日:2019年6月12日

ここから本文です。

高額サービス費支給申請

居宅サービスまたは施設サービスを利用し、1カ月に支払った利用者負担額が一定額を超えた場合、申請により口座を登録し、それ以降超えた分の払い戻しが受けられます。(一度申請すれば、申請のとき持参した領収証のサービス提供月以降の申請は必要ありません) 

高額サービス費支給申請の表
対象者

介護サービスの利用者負担が次の限度額を超えた場合

  • (1)生活保護受給者または、市民税世帯非課税で老齢福祉年金の受給者:15,000円/月
  • (2)市民税世帯非課税で合計所得金額+課税年金収入額が80万円以下:15,000円/月
  • (3)市民税世帯非課税で(2)に該当しない:24,600円/月
  • (4)市民税課税世帯で、世帯の全ての65歳以上の人(サービスを利用していない人を含む。)の利用者の負担割合が1割の人:44,400円/月
    *但し年間上限額(446,400円)を設定【平成29年8月から3年間の措置】
  • (5)現役並み所得者に相当する人がいる世帯(※1)の人:44,400円/月
代理の可否
受付窓口

長寿福祉課:本庁舎1階および東部・西部保健福祉センター、各支所

(長寿福祉課連絡先)
〒870-8504 荷揚町2番31号
電話:097-537-5742
ファクス:097-534-6706

受付時間 午前8時30分から午後5時15分まで(土・日曜日、祝日を除く)
費用 無料
提出書類 高額介護(介護予防)サービス費支給兼振込指定口座登録(変更)申請書
必要なもの(添付書類)
  • (1)介護保険被保険者証
  • (2)領収証(原本)
  • (3)利用者(申請者)の印鑑(朱肉を使うもの)
  • (4)利用者名義の振込口座
注意事項
  • (1)申請の期限は領収の日から2年間です。
  • (2)利用者が死亡している場合は相続人にあたる人が申請してください。
  • (3)申請から支給まで3カ月程度かかります。
  • (4)領収証は未申請の最も古い該当月のものを持参してください。
  • (5)口座の変更申請のときは領収証は不要です。

※1 現役並み所得者世帯とは、世帯に65歳以上で課税所得145万円以上の人がいる場合。

ダウンロード

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部長寿福祉課 

電話番号:(097)537-5679

ファクス:(097)548-5387

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る