ホーム > よくある質問 > 税に関すること > 原付・軽自動車(よくある質問) > 原付バイクの新規、廃車、名義変更の手続等について知りたいのですが

更新日:2023年2月10日

ここから本文です。

原付バイクの新規、廃車、名義変更の手続等について知りたいのですが

原動機付自転車(125cc以下)の新規、廃車、名義変更の申告は下記のとおり手続きをしてください。

新規申告に必要なもの

  • 車名(メーカー名)、車台番号、排気量が分かる書類・・・販売証明書など
  • 届出者の本人確認書類・・・マイナンバーカード、運転免許証など

※窓口に備え付けの申告書に、所有者・使用者の現住所、氏名、生年月日、連絡先などの記入が必要です。

※学生などの住民票が大分市内にない場合は、「住民票原本(3か月以内)」と「大分市内居住地の住所が分かるもの(借家の賃貸借契約書など)のコピー」も必要です。

廃車申告に必要なもの

  • ナンバープレート
  • 車名(メーカー名)、車台番号、排気量が分かる書類・・・自賠責保険証明書など
  • 届出者の本人確認書類・・・マイナンバーカード、運転免許証など

※窓口に備え付けの申告書に、所有者・使用者の現住所、氏名、生年月日、連絡先などの記入が必要です。

※ただし、「しばらく乗らないから」「乗らないが車両を持っていたい」という理由等で一時的に廃車(ナンバープレート返納)することはできません。同一の原付バイク・小型特殊車両について、4月1日以前に廃車しその後に再登録すると、廃車当時に遡って課税されます。脱税(詐欺・その他不正行為)を目的としてなされたと認められるような行為は、処罰の対象となります。

名義変更(ナンバープレートを変更しない)に必要なもの

新規申告と廃車申告を同時に行います。

  • 車名(メーカー名)、車台番号、排気量が分かる書類・・・自賠責保険証明書など
  • 届出者の本人確認書類・・・マイナンバーカード、運転免許証など

※窓口に備え付けの申告書に、新旧の所有者・使用者の現住所、氏名、生年月日、連絡先などの記入が必要です。

※新所有者が学生などの住民票が大分市内にない場合は、「住民票原本(3か月以内)」と「大分市内居住地の住所が分かるもの(借家の賃貸借契約書など)のコピー」も必要です。

申告手続時の本人確認について

なりすましによるナンバープレートの不正な申告を防止するため、手続き時に届出者(窓口にお越しになる方)の本人確認を行います。
マイナンバーカード、運転免許証等の本人確認書類をご提示ください。
なお、本人確認書類をお持ちでない場合は、ナンバープレートを交付できませんので、ご注意ください。

手続きの場所

場所 電話

税制課(第二庁舎3階)

097-537-7314

東部資産税事務所(鶴崎市民行政センター1階)

097-527-2132

西部資産税事務所(稙田市民行政センター1階)

097-541-1406

大南支所

097-597-1000

大在支所

097-592-0511

坂ノ市支所

097-592-1700

佐賀関支所

097-575-1111

野津原支所

097-588-1111

明野支所

097-558-1255

本神崎連絡所

097-576-1111

一尺屋連絡所

097-575-8026

 

関連情報

お問い合わせ

財務部税制課 

電話番号:(097)537-7314

ファクス:(097)537-7869

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る