更新日:2017年4月1日

ここから本文です。

軽自動車税

軽自動車税は、原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車および二輪の小型自動車(これらを「軽自動車等」といいます。)の所有者に対してかかる税です。

1 軽自動車税を納める人(納税義務者)

毎年4月1日(賦課期日)現在、市内に主たる定置場がある軽自動車等の所有者です。
したがって、4月1日に所有者であれば、4月2日以降に廃車や譲渡をしてもその年度は課税されることになります。

2 税率

原動機付自転車および二輪車等の税率は、下記のとおりです

原動付自転車および二輪車等の税率表
車種区分 税率(年額)

原動機付自転車

総排気量50cc以下

または定格出力0.6kw以下のもの(ミニカーを除く)

2,000円

2輪で、総排気量50cc超90cc以下

または定格出力0.6kw超0.8kw以下のもの

2輪で、総排気量90cc超125cc以下

または定格出力0.8kw超1.0kw以下のもの

2,400円

ミニカー【注1】

3,700円

軽自動車

2輪で、総排気量125cc超250cc以下のもの(側車付のものを含む)

被けん引車

3,600円

小型特殊自動車【注2】

農耕作業車(最高速度35km/h未満)

2,400円

その他のもの(最高速度15km/h以下)

5,900円

二輪の小型自動車

総排気量250cc超のもの(側車付のものを含む)

6,000円

【注1】ミニカーとは、三輪以上で総排気量が20ccを超え、50cc以下のもののうち、車室を有するものまたは左右の車輪の間の距離が50cmを超えるものをいいます。
【注2】小型特殊自動車に該当するトラクターやフォークリフトなどは、公道走行の有無に関わらず軽自動車税が課税されますので、軽自動車税の申告をしナンバープレートの交付を受ける必要があります。

三輪および四輪以上の軽自動車の税率は、新規検査(新車新規登録)された時期などにより異なります

  • 1.新規検査(新車新規登録)の時期については、車検証に記載されている「初度検査年月」をご確認ください。初度検査年月の時期により税率が変わります。
  • 2.初度検査年月が平成27年4月以後の軽自動車については、下表(2)が適用されます。
  • 3.初度検査年月から起算して13年を超える軽自動車については、下表(3)が適用されます。(動力源または内燃機関の燃料が電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン電力併用の軽自動車ならびに被けん引車は除く)。13年を超えない軽自動車については、下表(1)が適用されます。
三輪および四輪以上の軽自動車の税率表
車種区分 税率(年額)

平成27年3月31日までに最初の新規検査を受けた車両(1)

平成27年4月1日以後に最初の新規検査を受けた車両(2)

最初の新規検査から13年超経年車両(3)

三輪のもの

3,100円

3,900円

4,600円

四輪以上のもの

乗用

営業用

5,500円

6,900円

8,200円

自家用

7,200円

10,800円

12,900円

貨物用 営業用

3,000円

3,800円

4,500円

自家用

4,000円

5,000円

6,000円

  • 4.上表(2)のもののうち、平成28年4月から平成29年3月に新規登録した三輪・四輪の軽自動車で、排ガス性能および燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについては、平成29年度分の軽自動車税に限り、その燃費性能に応じて軽課する特例措置(下表(4)グリーン化特例)があります。
三輪および四輪以上の軽自動車グリーン化特例の表
車種区分 グリーン化特例(4)
電気軽自動車・天然ガス軽自動車(ポスト新長期規制からNOx10%
低減)
平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ、
乗用:平成32年度燃費基準+20%達成車
貨物:平成27年度燃費基準+35%達成車

平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ、
乗用:平成32年度燃費基準達成車
貨物:平成27年度燃費基準+15%達成車

三輪のもの

1,000円

2,000円

3,000円

四輪以上
のもの
乗用 営業用

1,800円

3,500円

5,200円

自家用

2,700円

5,400円

8,100円

貨物用 営業用

1,000円

1,900円

2,900円

自家用

1,300円

2,500円

3,800円

  • 5.税を軽減する特例措置は1年限りです。軽減された翌年度からは上表(2)の税率になります
グリーン化特例翌年度の税率表
車種区分 軽減された年度 翌年度から(2)

三輪のもの

1,000円

2,000円

3,000円

3,900円

四輪以上のもの

乗用

営業用

1,800円

3,500円

5,200円

6,900円

自家用

2,700円

5,400円

8,100円

10,800円

貨物用 営業用

1,000円

1,900円

2,900円

3,800円

自家用

1,300円

2,500円

3,800円

5,000円

3 申告

軽自動車等を取得した方や大分市内に主たる定置場を移した方は15日以内に、廃車や譲渡により所有しなくなった方や大分市内から主たる定置場を移した方は30日以内に、次の場所で申告してください。

軽自動車等取得・廃車・譲渡等の申告概要

車種

申告場所

原動機付自転車
(125cc以下のバイク)

税制課 電話:097-537-7314
東部・西部資産税事務所
大在・坂ノ市・大南・佐賀関・野津原・明野支所
本神崎・一尺屋連絡所

小型特殊自動車
(農耕用トラクター、フォークリフト等)

軽自動車
二輪車
(125ccを超え、250cc以下のバイク)

全国軽自動車協会連合会大分事務所
電話:097-524-0222
大分市三佐5丁目1番27号

二輪の小型自動車
(250ccを超えるバイク)

大分運輸支局登録部門
電話:050-5540-2087
大分市大州浜1丁目1番45号

普通自動車
小型自動車
(二輪のものを除く)

大分県自動車税管理室
電話:097-552-1121
大分市大津町3丁目4番13号(交通会館2階)

原動機付自転車および小型特殊自動車の申告に必要なものは下記のとおりです(軽自動車および二輪の小型自動車の申告に必要なものについてはそれぞれの申告場所におたずねください)。

新規申告

  • 申告理由の例
    • 販売店から購入した
    • 譲り受けた(廃車済(標識がない)の場合) など
  • 申告に必要なもの
    • 所有者の印鑑
    • 車名・車台番号・排気量が分かる書類(販売証明書など)
      ※学生などで大分市内に住民票がない場合は、税制課諸税担当班までご連絡ください。

廃車申告

  • 申告理由の例
    • 使用不能になった
    • 譲り渡した など
  • 申告に必要なもの
    • 所有者の印鑑
    • 標識
    • 車名・車台番号・排気量が分かる書類(自動車損害賠償責任保険証明書など)

名義変更申告 ※廃車申告と新規申告を同時に行います。

  • 申告理由の例
    • 旧所有者が使用していた標識をそのまま使用する
  • 申告に必要なもの
    • 新旧所有者双方の印鑑
    • 車名・車台番号・排気量が分かる書類(自動車損害賠償責任保険証明書など)
      ※新所有者が学生などで大分市内に住民票がない場合は、税制課諸税担当班までご連絡ください。

【注】新規ならびに廃車申告書には所有者の現住所、氏名、生年月日、連絡先の記入が必要です。

4 納税の方法

軽自動車税は、市役所から送付された納税通知書により5月末日までに納めていただくことになっています。
なお、自動車税と異なり軽自動車税には月割課税制度はありません。そのため、4月2日以降に軽自動車等を所有した場合には、その年度分の税金はかかりませんが、4月2日以降に廃車または譲渡した場合には、その年度分の税金は全額納めていただくことになります。
納付場所は、納税通知書裏面に記載されている金融機関、コンビニエンスストア、九州内のゆうちょ銀行・郵便局(沖縄県を除く)、市納税課、東部・西部資産税事務所、大在・坂ノ市・大南・佐賀関・野津原・明野の各支所、本神崎・一尺屋・今市の各連絡所です。

5 Q&A

Q.私は4月中旬に50ccバイクを友人に譲ったのですが、しばらくして自分のところに納税通知書が届きました。バイクは友人に譲ったのに、私が税金を納めなければならないのでしょうか。

A.軽自動車税は、毎年4月1日現在でバイクや軽自動車等を所有している人に課税されますので、4月1日を過ぎて他の人に譲ったバイクの税金は、今年度まではあなたに課税されます。
なお、翌年の4月1日までに名義変更の申告がなされていませんと、翌年度もあなたに課税されることになりますので、バイクや軽自動車等を他の人に譲ったり廃車したりしたときは、お早めに名義変更や廃車の手続きをすませてください。

Q.原付バイクが盗難に遭いました。どうすればよいのでしょうか。

A.まず、警察に盗難届を出してください。それから所有者が印鑑と身分証をもって廃車の手続きをしてください。手続きをしないと来年度以降も課税されます。

Q.大分市のナンバープレートを付けたまま市外に転出しましたが、そのままでいいのでしょうか。

A.軽自動車税は、原付バイクの定置場のある市区町村で課税されることになっています。必ずナンバープレートを転出先のものに変更してください。

Q.市外のナンバープレートを付けたまま大分市に転入しましたが、そのままでいいのでしょうか。

A.軽自動車税は、原付バイクの定置場のある市区町村で課税されることになっています。必ず市外のナンバープレートを返納するとともに、大分市のナンバープレートの交付を受けてください。

Q.原付バイクが故障したため、リサイクル業者にナンバープレートを付けたまま預けてしまいました。軽自動車税の納税通知書が毎年送られるので納税していましたが、バイクもないので軽自動車税が課税されるのは納得できません。税金がかからないようにするにはどうすればいいのでしょうか。

A.バイクを購入したときや譲り受けたとき、また廃車したときや譲り渡したときは申告する必要があり、その申告に基づいて毎年4月1日現在の所有者に課税を行います。原付バイクがすでにお手元にないのであれば、身分証と印鑑をもって市窓口まで廃車の手続きを行ってください。

Q.身体障がい者などが所有する軽自動車等の場合、減免の制度がありますか。

A.身体障がい者本人が使用する軽自動車や身体障がい者のために身体障がい者と生計を一にする方が使用する軽自動車は、一定の要件にあてはまれば軽自動車税が減免される制度があります。

詳しくは、税制課諸税担当班軽自動車税担当までお問合せください。

関連情報

ダウンロード

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

財務部税制課 

電話番号:(097)537-7314

ファクス:(097)537-7869

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る