ホーム > 健康・福祉・医療 > 障がい者の方へ > 在宅福祉サービス(補助・助成等) > 補装具の購入および修理費の助成についてお知らせします

更新日:2016年9月16日

ここから本文です。

補装具の購入および修理費の助成についてお知らせします

 ※平成28年1月から、申請書等へのマイナンバー(個人番号)の記入が必要となりました。あわせて、申請時に本人(身元)確認を行います。

身体障がい者(児)が日常生活における不自由さを補うために購入(修理)する補装具の費用を助成します。事前申請のみの受付となります。

補装具の購入および修理費の助成について
対象者 身体障がい者手帳所持者(障がいの内容で異なる)、障害者総合支援法対象の難病で必要と認められた者
代理の可否
受付窓口 障害福祉課(本庁舎1階)、各支所、明野出張所、東部・西部保健福祉センター
受付時間 午前8時30分~午後5時15分(障害福祉課は午後6時まで)(土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く)
費用 原則1割負担(上限額あり)
提出書類 補装具費(購入・修理)支給申請書(様式ダウンロード有り)
必要なもの(添付書類)

身体障がい者手帳

世帯状況・収入等申告書兼調査同意書

印かん

見積書

支給内容によって意見書(所定の様式)等

※意見書は大分県のホームページからダウンロードできます。

※マイナンバーの確認のため、以下のものがあわせて必要です。
<18歳以上の方の場合>

  • 本人(対象者)、配偶者のマイナンバーカード(個人番号カード)
    または、
  • 本人(対象者)、配偶者の通知カード および 本人確認(身元確認)ができるもの (運転免許証、パスポート、身体障がい者手帳など)

<18歳未満の方の場合>

  • 本人(対象児) および 同一世帯員のマイナンバーカード(個人番号カード)
    または、
  • 本人(対象児) および 同一世帯員の通知カード および 申請者(保護者)の身元確認ができるもの (運転免許証、パスポート、身体障がい者手帳など)

 

  • 代理人が申請する場合、代理人の身元確認ができるもの(運転免許証など)
注意事項
  • 永続的に使用する装具が対象で、治療段階に使用する装具は
    対象となりません。治療用装具は健康保険による給付となります。

<障がい内容に対応する補装具>
視覚障がい:盲人用安全つえ 義眼 眼鏡
聴覚障がい:※補聴器
肢体不自由:※〇車イス ※〇電動車イス 〇歩行器 ※義肢(義手・義足) ※装具(下肢・靴型・体幹・上肢)
※座位保持装置 〇歩行補助つえ ※重度障がい者用意思伝達装置
◎座位保持イス ◎起立保持具 ◎排便補助具(◎は18歳未満の児童のみ)
内部障がい(心臓・呼吸器機能障がい):※〇車イス ※〇電動車イス 〇歩行器 〇歩行補助つえ

注:※の補装具については大分県身体障害者更生相談所の判定となります。
注:〇の補装具については65歳以上(特定疾病の方は40歳以上64歳未満)の方は介護保険優先となります。

ダウンロード

お問い合わせ

福祉保健部障害福祉課 

電話番号:(097)537-5786

ファクス:(097)537-1411

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る