ホーム > 健康・福祉・医療 > 障がい者の方へ > 在宅福祉サービス(補助・助成等) > 居宅生活動作補助用具の給付(住宅改修費)

更新日:2016年12月15日

ここから本文です。

居宅生活動作補助用具の給付(住宅改修費)

    在宅の心身障がい者(児)のための改修工事費(用具の購入を含む)の一部を補助します。

居宅生活動作補助用具の給付について
対象者
  • (1)下肢、体幹機能障がいを有し、障害等級1・2・3級の方
  • (2)乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障がいを有する方
  • (3)肢体不自由のみの総合等級2級以上でかつ、下肢・体幹機能障がいを有する方
  • (4)難病患者等で下肢又は体幹機能に障がいを有する人

※ただし、児童については学齢期以上の身体障がい児で、上記に該当する方

代理の可否
受付時間 午前8時30分~正午、午後1時~5時15分(土曜日・日曜日、祝日を除く)
費用 総工事費の20万円までが助成の対象となります。
(世帯の課税状況により助成対象工事費の1割の自己負担がある場合があります)
提出先 市役所障害福祉課(各支所 明野出張所 西部・東部保健福祉センターでは申請受付のみ)
必要なもの(添付書類)
  • (1)日常生活用具(住宅改修費)申請書
  • (2)所得・税額調査同意書
  • (3)身体障害者手帳の写し
  • (4)工事見積書
  • (5)改修場所の見取図等
  • (6)改修工事前の写真(ポラロイドは不可)
  • (7)借家の場合は家主の改修承諾書
  • (8)印かん
  • (9)医師意見書(対象者(4)に該当する場合)
注意事項 ※本制度は現在お住まいの住宅につき、1回限りとなります。
※改修工事の着工・施行前の申請が必要です。
※年齢が65歳以上(特定疾病の方は40歳以上)の方は介護保険の対象となります。
※年齢が65歳未満の生活保護受給者の方は障害福祉サービス優先となります。

ダウンロード

お問い合わせ

福祉保健部障害福祉課 

電話番号:(097)537-5658

ファクス:(097)537-1411

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る