ホーム > くらし・手続き > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 固定資産の「現所有者の申告」の制度化について

更新日:2022年10月6日

ここから本文です。

固定資産の「現所有者の申告」の制度化について

令和3年1月1日より、固定資産の現所有者に関する申告が義務化されました。

 

概要

固定資産(土地・家屋)の登記簿(課税台帳)上の所有者が死亡し、賦課期日(1月1日)までに相続登記等が完了していない場合には、その固定資産は「現所有者(法定相続人、受遺者等)」が納税義務者となります。
現所有者に該当する方は、大分市税条例第62条の4に規定する固定資産の現所有者に関する申告が必要となります。また、現所有者が複数存在する場合には、現所有者の中から納税通知書等を受け取る代表の方を申告していただきます。

 

提出方法

(1) 市内の所有者の方が亡くなられた場合・・・大分市(資産税課)から死亡届を提出された方の住所宛てに「固定資産現所有者申告書」の書類を郵送いたしますので、必要事項を記載のうえ、提出してください。
※亡くなられて2か月以上経過しても書類が届かない場合は、資産税課までご連絡ください。
(2)市外の所有者の方が亡くなられた場合・・・大分市では市外の方が亡くなられた情報は入らないため、亡くなられた所有者の相続人等から資産税課までご連絡をください(書類を郵送いたします)。

 

注意事項

  • 固定資産(土地・家屋)の登記簿上の所有者が死亡し、相続登記が完了していない場合、その固定資産は現所有者(相続人全員)の共有財産となり、相続人全員が連帯して納税義務を負うことになります。
  • 「固定資産現所有者申告書」は、固定資産税課税台帳上の所有者に関する申告となります。相続登記や相続税とは関係ありません。不動産登記法の名義変更は、法務局にて行う必要があります。
  • 詳しくは「よくあるご質問」(PDF:101KB)をご覧ください。

        

申告書の提出先

  • 大分市役所資産税課(第2庁舎3階)
  • 東部資産税事務所(鶴崎市民行政センター1階)
  • 西部資産税事務所(稙田市民行政センター1階)
     

申告書ダウンロード

     固定資産現所有者申告書(様式)(エクセル:24KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

財務部資産税課 

電話番号:(097)537-5610

ファクス:(097)534-6132

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る