ホーム > くらし・手続き > 戸籍・住民の手続き > 各種証明 > 法人などによる住民票などの請求方法

更新日:2015年4月21日

ここから本文です。

法人などによる住民票などの請求方法

住民票の請求の場合

  • ⑴次の事項を請求書に記入してください。
    • 請求対象者の氏名、大分市の住所
    • 必要な証明書の種類・枚数
    • 具体的な請求理由
    • 請求する法人等の名称、代表者名、事務所所在地の記入と代表者印または法人印の押印
    • 担当者(請求の任に当たっている方)の所属部署名と氏名と住所
  • ⑵添付資料
    • 請求対象者と請求者との関係が確認できる疎明資料(契約書などのコピー、債権譲渡契約書等のコピー)
      法人が個人から委任を受けた場合は、関係の分かる疎明資料が委任状になります。
    • 返送先である会社の所在地が確認できる資料(会社のパンフレット、ホームページ等のコピー)名刺を除く
  • ⑶郵送請求される方の権限確認と本人確認の書類
    • a.従業員の方が郵送請求される(請求の任に当たっている)場合
      • 社員証または代表者が作成した委任状
      • 従業員の方の本人確認書類(運転免許証または保険証の写し)
    • b.代表者の方が郵送請求される(請求の任に当たっている)場合
      • 代表者の資格を証する書面の(代表者事項証明等の写し)
      • 代表者の方の本人確認書類(運転免許証または保険証の写し)
  • ⑷返信用封筒・手数料分の為替(郵便による請求の場合)

戸籍謄本等の請求の場合

上記⑴~⑷に加え

  • 必要な戸籍の本籍・筆頭者を請求書に記入してください。
  • 三か月以内に発行された代表者事項証明等の原本。
    原本還付が必要な場合は、写しに「原本と相違ない」旨を記し、法人印などで証明してください。
  • 契約者の相続人などの戸籍が必要な場合は、契約者との関係の分かる戸籍謄本の写しをご送付ください。

関連情報

お問い合わせ

市民部市民課 

電話番号:(097)537-5613~5

ファクス:(097)537-2981

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る