ホーム > くらし・手続き > 戸籍・住民の手続き > 各種証明 > 戸籍証明書等の郵便による請求方法

更新日:2017年5月19日

ここから本文です。

戸籍証明書等の郵便による請求方法

 請求書をダウンロードしてA4サイズで印刷した後、出力された様式に請求者の本籍、筆頭者、住所、氏名などの必要事項を手書きして、市民課または各支所に郵送してください。 
戸籍証明書等の郵便による請求方法概要
対象者 大分市内に本籍地のある方
郵送窓口 市民課、各支所(欄外 戸籍証明書等郵便請求書をご利用ください)
手数料
  • 戸籍全部事項証明(戸籍謄本) 1通450円
  • 戸籍個人事項証明(戸籍抄本) 1通450円
    ※大分市では平成19年9月15日に電算化による戸籍改製を行っています。平成19年9月15日以前に婚姻や死亡によって除籍された方の記載が必要な場合は改製原戸籍、もしくは除籍を請求してください。
  • 除籍全部事項証明(除籍謄本) 1通750円
  • 除籍個人事項証明(除籍抄本) 1通750円
  • 改製原戸籍(謄本、抄本) 1通750円
  • 戸籍附票(全部、一部) 1通300円
    ※車の売却・廃車等、土地・建物の登記手続き等で住所のつながりが分かるものが必要な場合、2通以上にまたがる場合があります。詳しくはお問い合わせください。
  • 身分証明書 1通300円
  • 受理証明書 1通350円
郵送書類 戸籍証明書等郵便請求書(郵送用)
(様式ダウンロード有り)
必要なもの 返信用の封筒、切手、手数料
請求者がご本人であると確認できる証明書の写し(免許証、健康保険証など) その他の証明書については、お問い合わせください。
注意事項 本人またはその配偶者および直系尊属、直系卑属以外の人が申請するときは、正当な理由が必要です。(場合によっては、証明できる疎明資料が必要です。)
手数料は、現金書留もしくは定額小為替(定額小為替は、郵便局で購入してください。)を同封してください。(切手では受付けていません。)
返信用封筒には、宛名を記入し、切手を貼っておいてください。(速達・書留などをご希望される方はその追加料金分の切手も貼っておいてください。)

また、戸籍関係の証明の場合は住民登録地にしか送付できませんのでご了承ください。

出生から死亡までの戸籍を請求される際は、戸籍が複数にまたがる場合がありますので、3,000円から5,000円の定額小為替を入れてください。

関連情報

ダウンロード

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民部市民課 

電話番号:(097)537-5615

ファクス:(097)537-2981

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る