ホーム > くらし・手続き > 戸籍・住民の手続き > 各種証明 > 証明書自動交付機は令和2年(2020年)12月末に運用終了します

更新日:2019年5月17日

ここから本文です。

証明書自動交付機は令和2年(2020年)12月末に運用終了します

現在、大分市内に設置している証明書自動交付機の運用は、令和2年(2020年)12月末に終了予定です。

なお、証明書自動交付機を利用する際に必要な印鑑登録証につきましては、窓口で印鑑登録証明書を取得する際や改印時に必要ですので、引き続き大切に保管してください。 

証明書コンビニ交付サービスをご利用ください

大分市では、住民票の写し等の証明書がコンビニエンスストアの店舗にて取得できる証明書コンビニ交付サービスを平成30年7月10日から開始しましたので、ぜひご利用ください。詳細については下のリンクをご確認ください。

マイナンバーカードの申請について

証明書コンビニ交付サービスをご利用いただくためには、マイナンバーカードが必要です。

申請方法については、下の外部リンクをご確認ください。

また、大分市ではマイナンバーカードの申請に関する相談やお手伝いをするサービスを行っています。 詳細については、下のリンクをご確認ください。

お知らせハガキについて

以下の二つの条件を満たす方を対象に、証明書自動交付機の運用終了と証明書コンビニ交付サービス開始に伴うマイナンバーカードの申請をご案内するお知らせハガキを平成30年11月1日に送付しております。

平成30年10月17日現在で

  1. 証明書自動交付機の利用登録をされている方
  2. マイナンバーカードをお持ちでない方

※すでにマイナンバーカードをお持ちの方につきましては、行き違いとなりますことをご了承ください。

お問い合わせ

市民部市民課 

電話番号:(097)537-7298

ファクス:(097)537-2981

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る