ホーム > 環境・まちづくり > 環境・地球温暖化対策 > 地球温暖化対策(環境・まちづくり) > 地球温暖化対策 > 「クーリングシェルター」および「涼みどころ」の協力施設を募集します

更新日:2024年6月3日

ここから本文です。

「クーリングシェルター」および「涼みどころ」の協力施設を募集します

大分市では、「気候変動適応法」に基づく熱中症対策を推進するため、「クーリングシェルター」および「涼みどころ」として利用させていただく協力施設を募集します。

募集施設

(1)「クーリングシェルター」(指定暑熱避難施設)として利用可能な施設

適当な冷房設備がある等の要件(※)を満たした民間施設で、熱中症特別警戒アラート発表時には、公表している日・時間帯・受入可能人数の範囲で市民に開放できること。

また、熱中症警戒アラート発表時には、通常の開館(営業)日・時間帯で市民に開放できること。

(2)「涼みどころ」(指定暑熱一時休憩所)として利用可能な施設

暑さをしのぎ涼しく快適に一時休憩できる民間施設で、熱中症特別警戒アラート・熱中症警戒アラート発表時には、通常の開館(営業)日・時間帯で市民に開放できること。

(※)要件は、以下の1~3となります。

  1. 適当な冷房設備を有すること。(定期的にメンテナンスされており、受入可能人数に応じた適切な機能を有した冷房設備)
  2. 大分県に熱中症特別警戒アラートが発表されたときは、公表している日・時間帯・受入可能人数の範囲で施設を市民に開放できること。
  3. 市民の滞在のために供すべき部分について、必要かつ適切な空間を確保すること。(施設の大きさではなく、受入可能人数に応じた滞在可能な空間が適切に確保されていること。また、椅子やソファ等が備えてあること)

運用に当たっての留意事項

  1. 運用期間は、基本的に指定を受けた日から10月の第4水曜日までとする。
  2. 既存スタッフの通常業務の範囲内での対応とする。
  3. 開館(営業)時間中は、避難(休憩)者が自由に出入り可能とする。
  4. 冷房設備の設定温度は、避難(休憩)者が快適に過ごせる温度とする。
  5. 避難(休憩)者の熱中症予防のための飲食を可能とする。(または場所を指定する)
  6. 熱中症特別警戒アラート・熱中症警戒アラート発表時には、「クーリングシェルター」または「涼みどころ」であることが分かるよう掲示する。(市がのぼり旗を貸与しますので、運用期間は常時掲示することを推奨します)
  7. 環境省の熱中症予防情報について積極的に取得し、把握に努める。
  8. 市のホームページ等によるクーリングシェルター等の公表に協力する。

※ 留意事項の内容については、必須ではありませんので、応募いただいた後に調整させていただきます。

申込方法

申込みは、下記から様式をダウンロードしていただき、電子メールで脱炭素社会推進室までお送りください。

ご応募いただいた中から、要件等を審査のうえ、「クーリングシェルター」または「涼みどころ」として指定させていただきます。

ダウンロード

「クーリングシェルター」および「涼みどころ」協力施設募集チラシ(PDF:732KB)(別ウィンドウで開きます)

関連情報サイト(外部リンク)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部環境対策課脱炭素社会推進室

電話番号:(097)529-7243

ファクス:(097)538-3302

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る