ホーム > くらし・手続き > 防災・安全安心 > 消防・救急 > 正しい119番緊急通報について~迅速・確実な消防活動のために~

更新日:2014年12月2日

ここから本文です。

正しい119番緊急通報について~迅速・確実な消防活動のために~

市内の119番通報の受信は、大分市消防局の通信指令センターで行っています。年間の通報件数は約2万5,000件あり、一日あたり約70件、19人に1人が119番通報していることになります。いざという時のため、119番通報にあたっての留意事項を紹介します。

1 一般的な留意事項

119番通報の際、通信指令センター員から「火事ですか?救急ですか?」と聞かれます。また、次のようなことをお尋ねしますので、落ち着いて対応を願います。

火災の場合

  • 住所、近くにある目標物(店舗・バス停等)
  • 何が燃えているか?
  • 逃げ遅れはいないか?
  • 通報者の氏名・電話番号

事故の場合

  • 住所、近くにある目標物(店舗・バス停等)
  • どのような事故か
  • けが人(閉じ込められている人)はいるか?
  • 通報者の氏名・電話番号

救急の場合

  • 住所、近くにある目標物(店舗・バス停等)
  • 誰がどうしたのか?
  • 通報者の氏名・電話番号

なお、適切な病院搬送を行うため、傷病者の年齢、持病、かかりつけの病院をお尋ねすることがあります。
また、傷病者への気道確保や胸骨圧迫(心臓マッサージ)などの応急手当をお願いすることがあります。

2 携帯電話からの通報にかかる注意点

携帯電話による119番通報は通報総数の約4割を占めています。平成19年4月から、携帯電話からの通報者の位置情報が消防に通知されるシステムの運用が始まりました。
大分市消防局でもこのシステムが導入されていますが、次の2点のご協力をお願いします。

通報場所の住所の確認

住所が分からない場合は、近くの人に聞く、道路の看板などで確認するなどの手段があります。

通報後も携帯電話の電源は入れたままで

確認のため、消防局から折り返しの電話をかけることがあります。

3 IP電話からの通報にかかる注意点

加入電話番号が「050」から始まる電話番号は、119番通報できないものがありますので、自宅のIP電話が緊急通報に対応しているか、契約しているIP電話事業者に確認してください。対応していない場合は、携帯電話から通報するか、大分市消防局の電話番号(097-532-2187)を控えておけば、いざという時に慌てずに通報できます。

4 音声以外の119番通報

電話による音声通報以外の119番緊急通報手段として、ファクスやEメールによる通報も受付けています。ただし、Eメールによる通報は、聴覚に障がいがある方等で事前に登録が必要です。詳しくは、大分市消防局または大分市障害福祉課にお問い合わせください。

5 119番通報の訓練について

火災や救急の必要な場面に遭遇した時には落ち着いて119番通報することが大切ですが、いざというときに冷静に必要な情報を伝えるのは難しいことです。このため事業所等が行う119番通報訓練を受け付けています。事前に通報訓練を行うことを連絡したうえで、実際に119番通報を体験できるものです。
訓練の119番通報時には必ず最初に「訓練、訓練・・・」と言った後、通信指令センター員の質問に対応してください。

関連情報

お問い合わせ

消防局通信指令課 

郵便番号870-0044 大分市舞鶴町1丁目1番1号

電話番号:(097)532-2187

ファクス:(097)536-3991

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る