ホーム > 仕事・産業 > 建築確認・建築指導 > 届出・申請書類 > 低炭素建築物新築等計画の認定制度について

更新日:2021年4月1日

ここから本文です。

低炭素建築物新築等計画の認定制度について

低炭素建築物の認定を行っています。

低炭素建築物の認定制度とは

  1. 「都市の低炭素化の促進に関する法律」(以下「法」という)が平成24年12月4日に施行され、「低炭素建築物」を認定する制度が創設されました。低炭素建築物とは、法に規定する二酸化炭素の排出の抑制に資する建築物のことをいいます。
  2. 用途地域が定められている区域内で、低炭素建築物の新築または増築、改築、修繕若しくは模様替若しくは建築物への空気調和設備等の設置若しくは建築物に設けた空気調和設備等の改修をしようとする方は、国土交通省令で定めるところにより「低炭素建築物新築等計画」(以下「計画」)を作成し、所管行政庁(大分市)へ認定の申請をすることができます。
  3. 認定を受けた建築物については、所得税等の税制優遇や容積率緩和措置の対象となります。

低炭素建築物の認定の基準

  1. 「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」(以下「省エネ法」)に基づく省エネ基準に比べ、一次エネルギー消費量が10%以上削減されていること。また断熱性能については省エネ基準に適合していること。
  2. その他低炭素化に資する措置が講じられていること。
  3. 計画に記載された事項が、法第3条第1項に基づく都市の低炭素化に関する基本的な方針に照らして適切なものであること。
  4. 資金計画が計画を確実に遂行するために適切なものであること。

認定にあたっての注意事項

  1. 都市の低炭素化の促進に関する法律(第7条、第53条)により、用途地域が定められていない区域内の建築物については認定することができませんのでご注意ください。
  2. 都市の低炭素化の促進に関する基本的な方針(平成24年経済産業省・国土交通省・環境省告示第118号)により、都市の緑地の保全への配慮から以下の場合については認定することができない場合がありますので、ご注意ください。
  3. 新築等工事に着手する前に認定申請をする必要がありますのでご注意ください。

認定申請に関する手続きについて

標準的な申請手続きについては、あらかじめ審査機関により、法で定める認定基準に適合しているかどうか事前に技術的審査を受け、その機関が発行した「適合証」を添付して市に認定申請をする手続きとなります。また、認定申請した建築物であって省エネ法の規定による届出をしなければならない建築物についてはその届出をしたものとみなすことができます。
なお、申請する建築物の用途により技術的審査を行うことができる審査機関が異なりますのでご注意ください。

審査機関とは

  • (1)登録建築物エネルギー消費性能判定機関・・・建築物のエネルギー消費性能向上に関する法律第15条第1項に規定する機関。
  • (2)登録住宅性能評価機関・・・住宅の品質確保の促進等に関する法律第5条第1項に規定する機関。

認定申請手数料

様式ダウンロード

低炭素建築物新築等計画認定申請書

様式第五(ワード:85KB)

低炭素建築物新築等計画変更認定申請書

様式第七(ワード:39KB)

設計内容説明書(一戸建ての住宅・共同住宅等の住戸用)

様式1(ワード:87KB)

様式1(PDF:93KB)

設計内容説明書(共同住宅等の共用部用)

様式2(ワード:88KB)

様式2(PDF:81KB)

設計内容説明書(非住宅用)

様式3(ワード:90KB)

様式3(PDF:91KB)

認定申請取下げ届

様式4(ワード:33KB)

様式4(PDF:24KB)

取りやめ申出書

様式5(ワード:33KB)

様式5(PDF:28KB)

完了報告書

様式7(ワード:37KB)

様式7(PDF:33KB)

認定建築主変更届

様式12(ワード:33KB)

様式12(PDF:31KB)

都市の緑地の保全への配慮説明書

様式1(エクセル:37KB)

様式1(PDF:48KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市計画部開発建築指導課 

電話番号:(097)537-5635

ファクス:(097)534-6201

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る