ホーム > 健康・福祉・医療 > 健康・保健・衛生 > 市民の健康づくり > 「血管若返り!減らしお(塩)生活」を始めてみませんか?

更新日:2020年7月1日

ここから本文です。

「血管若返り!減らしお(塩)生活」を始めてみませんか?

血管は、全身に酸素や栄養等を運んでいます。 血圧が高くなるなど、さまざまな要因で血管が傷んでしまうと、

充分な酸素や栄養が大切な臓器に届けられなくなる他、脳や腎臓などの血管が破れやすくなります。

高血圧予防を行うことは、血管を守り、臓器を守ることにつながります。

ぜひ、高血圧予防のための「減らしお(塩)生活」を始めましょう。

高血圧について

  高血圧は、生活習慣病の中で最も患者が多く、国民の3人に一人と言われています。

  

食塩を減らす工夫

  • 作り方で減塩
  1. 調味料に含まれる量を知っておく
  2. 酸味を活かす
  3. 天然食品でだしをとる
  4. 旬の食材を選ぶ
  5. 香辛料・香味野菜を上手に使う

 

  • 食べ方で減塩
  1. 麺類の汁は残す
  2. 汁物は1日1回まで
  3. しょうゆは「かける」より「つける」
  4. 外食や市販のお惣菜、加工食品はなるべく控える

 

  • さらにもうひと工夫

カリウムをとると、血圧を上げる原因となるナトリウムを体外に排出できます。

カリウムは野菜や果物、豆類などに多く含まれています。

※腎臓の機能が低下している人は、カリウムの摂取に注意が必要です。医師にご相談ください。

※血糖値が高い人は、果物の摂取を控えめにしましょう。

 

血圧を下げるための生活習慣の工夫

 

  • 適度な運動をする

  適度な運動には、高血圧を改善する効果があります。

  1. 種類:ウオーキング等の有酸素運動が適しています。
  2. 時間:1日に30分以上の運動、または、1回10分程度を数回実施
  3. 頻度:週に3~4日(理想は毎日)
  4. 強度:軽く汗ばむ程度、あるいは軽く息がはずむ程度

  ※運動中は少し血圧が上昇するため、高血圧の治療を受けている方は、きついと感じる運動は控えましょう。

まずは、軽め、短めの運動からはじめましょう。

 

  • 禁煙に心がける

  たばこの煙には多くの化学物質が含まれおり、たばこを吸うと、ニコチンが交感神経系を刺激するために、血圧が上がり、脈拍が増えます。

 また、メタボリックシンドロームの重要な危険因子で、さらに、動脈硬化を促進し、心筋梗塞や、脳卒中の原因となることがわかっています。

 

  • 節酒に心がける

  アルコールは一時的には血流を良くし、血圧を下げる効果も見られます。しかし、飲みすぎると、反対に血圧をあげます。

 

  • しっかり休養をとる

  睡眠不足やストレスは血圧を上げる要因となります。適度な休養や、ストレス解消を心がけましょう。

   減らしお げんさん紹介

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部健康課 

郵便番号870-8506 大分市荷揚町6番1号

電話番号:(097)547-8219

ファクス:(097)532-3250

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る