ホーム > くらし・手続き > 税金 > 市民税 > 個人市民税 > 事業所の方へ > 給与支払報告書の提出について

更新日:2022年12月1日

ここから本文です。

給与支払報告書の提出について

地方税法第317条の6の規定により、所得税の源泉徴収義務がある事業主(給与支払者)は、前年中に給与の支払いをしたすべての者(給与所得者)について給与支払報告書を作成し、給与所得者の1月1日における住所地の市町村長に提出することになっています。

給与所得者の個人市民税・県民税の税額計算になくてはならない給与支払報告書は、給与支払者の義務として、必ず提出していただきますようお願いいたします。

提出対象者

1月から12月までに給与等を支払った方全員について、支払額にかかわらず給与支払報告書の提出をお願いします。

※給与支払額が2千万円を超え年末調整を行わない方や、個人で税務署へ確定申告される方についても給与支払報告書の提出が必要です。また、退職者のうち給与支払額が30万円を超える場合は提出が義務付けられていますが、30万円以下の方につきましても、適正課税のため提出をお願いします。

提出期限

毎年1月31日まで (1月31日が土曜・日曜日の場合は、翌月の第一月曜日までとなります。)

給与支払報告書の提出は、郵送またはeLTAXをご利用ください。

受付は随時行っております。期限直前はたいへん混み合いますので、早めの提出にご協力ください。

なお、期限後に給与支払報告書を提出されると、特別徴収税額決定通知書等の送付が遅れたり、所得証明書等の発行に支障をきたしたりするため、必ず期限内の提出をお願いします。

提出物

  1. 給与支払報告書(総括表)(エクセル:21KB)1部
  2. 普通徴収切替理由書(兼仕切紙)(エクセル:266KB)
  3. 個人別明細書 1人につき1部

給与支払報告書(総括表・個人別明細書)について

大分市作成の総括表を使用しない場合、提出の際には大分市作成の総括表も添付してください。また、会計事務所等に事務を依頼されている場合は、大分市作成の総括表をお渡しください。

給与支払報告書並べ方

※必ずこの順番に並べてください。

※総括表と個人別明細書(特別徴収分)の間に、普通徴収切替理由書(兼仕切紙)を入れる必要はありません。

※大分県内市町村では、令和5年度から普通徴収切替理由を統一して、特別徴収に関する取扱いの徹底を図ることとなりました。詳しくは「令和5年度から個人市民税・県民税の特別徴収に関する取扱いを徹底します」をご覧ください。

個人事業主の方へ

給与支払報告書(総括表)に個人番号を記入する必要がある個人事業主の方は、提出の際に事業主または代理人の本人確認を行います。

個人事業主ご本人様が提出される場合

以下の1から3のいずれかの書類を提示していただき、本人確認を行います。

  1. マイナンバーカード
  2. 通知カードと、本人確認書類(運転免許証等)
  3. マイナンバー記載の住民票と、本人確認書類(運転免許証等)

※郵送で提出される場合、給与支払報告書と一緒に上記の本人確認書類の写しを郵送してください。誤って原本を送らないよう、ご注意ください。

※通知カードは氏名、住所等が住民票の記載内容と一致している場合に限り利用できます。

代理人の方が窓口で提出される場合

以下のすべての書類が必要です。

  1. 個人事業主のマイナンバーカード、通知カードまたはマイナンバー記載の住民票(コピー可)
  2. 代理人の方の本人確認書類(運転免許証等)
  3. 委任状など代理権が確認できる書類

お問い合わせ

財務部市民税課 

電話番号:(097)537-5731

ファクス:(097)537-7870

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る