ホーム > くらし・手続き > 戸籍・住民の手続き > 住民基本台帳ネットワーク・マイナンバーカード > マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります

更新日:2020年9月7日

ここから本文です。

マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります

マイナンバー保険証

令和3年3月(予定)から、マイナンバーカードが健康保険証として順次利用できるようになります。

マイナンバーカードの健康保険証の利用が開始されると、転職や結婚、引っ越し等による健康保険の手続き(資格取得や資格喪失の手続き)完了後、保険証の切り替え(発行)を待たずにマイナンバーカードで医療機関・薬局を利用できます。

利用申し込みの方法

利用については、マイナポータルにて初回登録を行う必要があります。

マイナンバーカード読み取り対応のスマートフォン(またはパソコンとICカードリーダー)を使用し、マイナポータルで利用申し込みを行ってください。

利用申し込みの方法について、詳しくはマイナポータル(別ウィンドウで開きます)で確認できます。

また、大分市では利用申し込みの初回登録について支援を行っています。登録するための機器がない人や登録方法がわからない人は、国保年金課までご相談ください。

マイナンバーカードの健康保険証利用に関するQ&A

マイナンバーカードを持参すれば、健康保険証がなくても医療機関等を受診できますか。

オンライン資格確認が導入されている医療機関・薬局では、マイナンバーカードを持参すれば健康保険証がなくても利用できます。

オンライン資格確認が導入されていない医療機関・薬局では、引き続き健康保険証が必要です。

令和3年3月からは、健康保険証は使えなくなりますか。

従来どおり健康保険証でも受診できます。

 すべての医療機関・薬局で使えるようになりますか。

マイナンバーカードを健康保険証として利用できるよう、医療機関・薬局のシステム整備を支援しており、「令和5年3月末にはおおむねすべての医療機関等での導入を目指す」こととしています。

窓口への持参が不要となる証類はどのようなものがありますか。

  • 保険証類(健康保険被保険者証/国民健康保険被保険者証/高齢受給者証等)
  • 被保険者資格証明書
  • 限度額適用認定書/限度額適用・標準負担減額認定証
  • 特定疾病療養受療証

などの持参が不要となります。

なお、限度額適用認定証/限度額適用・標準負担額減額認定証は、従来は事前に保険者に申請する必要がありましたが、今後オンライン資格確認が導入された医療機関では原則として、申請なしに限度額が適用されます。

マイナンバーについてのお問い合わせ先

マイナンバー総合フリーダイヤル

0120-95-0178

平日:午前9時30分~午後8時

土日祝:午前9時30分~午後5時30分

(年末年始12月29日~1月3日を除く)

お問い合わせ

市民部国保年金課 

電話番号:(097)537-5736

ファクス:(097)534-8042

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る