更新日:2022年6月1日

ここから本文です。

産婦健康診査事業

大分市では、出産後間もないお母さんの心と体の健康を支援するため、産婦健康診査の費用を助成しています。

産婦健康診査では、産後の心身の状態を確認するとともに、不安な気持ちや悩みも相談できます。

ぜひ、安心した日々を過ごせる機会として、産婦健康診査をお受けください。

対象者

産婦健康診査受診日に、大分市に住民票がある産婦

健診の種類と内容

時期・回数

産後2週間(概ね出産後5日から21日まで)と産後1か月(概ね出産後22日から56日まで)の2回以内

※受診する医療機関によっては、産後2週間健診を実施していない場合があります

健診内容

  • 母体の回復状況、乳房の状態等の確認、体重・血圧測定、尿検査
  • こころの健康状態の確認

※上記以外の検査・治療・投薬等や赤ちゃんの健診は助成対象外のため、自費になります。

公費助成額

1回につき5,000円(超えた分は自費になります)

受診票の交付

母子健康手帳交付時に、産婦健康診査受診票をお渡しします。

  • 他の市町村から転入された方で、大分市の妊産婦健康診査受診票をお持ちでない方は、下記問い合わせ先までご連絡ください。
  • 他の市町村に転出された場合、大分市の妊産婦健康診査受診票は使用できません。転入先の市町村で受診票の取り替えをしてください。

受診票を利用できる医療機関・助産所

  • 大分県内の医療機関・助産所
  • 県外については、大分市と契約している医療機関・助産所

通常は、出産した医療機関・助産所での受診となります。

※受診する医療機関によっては、産後2週間健診を実施していない場合があります。

保健指導

産婦健康診査の受診結果については、医療機関・助産所と共有させていただき、必要に応じて保健師等が家庭訪問や産後ケア事業の勧奨等の支援を行います。

県外の「大分市と契約していない医療機関等」で受診する場合

償還払い

すべての健診項目を実施した場合に限り、自己負担で受診後、健診費用の一部を払い戻せる場合があります。

契約外医療機関の初回受診日(妊婦健診も含む)から1年以内に「妊産婦健康診査等受診費助成金交付申請書」等の提出により限度額の範囲内で助成します。(できるだけ早く申請をお願いします。)

受診方法

下記のチェック票をご自身でダウンロードし、記入後、医療機関等に持参し、産婦健診費用を支払い、医療機関等に婦健康診査受診票への結果記入をお願いしてください。

  • 産後2週間健診「大分トライアル  メンタルヘルスチェック票」
  • 産後1か月健診「こころの健康チェック票」

償還払い申請窓口

  • 場所       中央保健センター(大分市保健所内)
  • 住所       大分市荷揚町6番1号
  • 電話番号  536-2516

申請に必要なもの

  1. 妊産婦健康診査等受診費助成金交付申請書(申請窓口にあり記入可能)
  2. 償還払い請求書(申請窓口にあり記入可能)
  3. 領収書
  4. 診療明細書(医療機関で発行されている場合のみ)
  5. 母子健康手帳
  6. 結果が記入されている産婦健康診査受診票
  7. 振込先口座を確認できるもの(キャッシュカードや通帳など)
  8. 印鑑(認印)

各様式のダウンロード

※申請書・請求書ともに、金額は記入せず、太枠内請求書のみ2か所の押印をお願いします。

関連情報

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部健康課 

郵便番号870-8506 大分市荷揚町6番1号

電話番号:(097)536-2516

ファクス:(097)532-3250

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る