ホーム > 市政情報 > 情報公開・個人情報保護 > 個人情報保護 > 個人情報開示請求や開示の方法等は

更新日:2017年6月23日

ここから本文です。

個人情報開示請求や開示の方法等は

請求の種類

(開示請求)
自分の情報の内容について開示請求することができます。
(訂正請求)
自分の情報が誤っている場合は訂正請求をすることができます。
(利用停止請求)
自分の情報が適正に取扱われていないと認めるときは、利用停止請求をすることができます。

請求できる人

本人と法定代理人などです。
また、死者に関する個人情報は、利害関係を有すると認められる相続人が請求できます。

請求方法

大分市役所総務課情報公開室(本庁舎7階)にお越しのうえ、「個人情報開示請求書」などに記入し、提出してください。
その際は、本人確認のため、運転免許証やパスポートなど、本人であることを証明する書類を提示してください。

ダウンロード

開示等の方法

請求書の提出のあった日から、開示請求は15日以内、訂正・利用停止請求は30日以内(やむを得ない理由がある場合は、請求日から最大60日を限度に延長)に決定し、決定通知書でお知らせします。
個人情報の開示は、決定通知書でお知らせした日時、場所(通常は大分市総務課情報公開室)で、該当する個人情報が記録された公文書の閲覧や、写しの交付を行います。その際は、決定通知書をもってお越しください。閲覧は無料ですが、写しの交付は有料となります。
なお、開示請求をしても、法令等の規定による場合や、個人の評価・診断・判定などに関する情報および第三者に関する情報などについては、開示できないことがあります。

決定に不服があるときは

決定があったことを知った日の翌日から起算して三月以内に、実施機関に対して不服申立てをすることができます。
不服申立てがあった場合、実施機関は学識経験者などで構成する大分市個人情報保護審査会に諮問し、その答申を尊重して、再度決定を行います。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部総務課情報公開室

電話番号:(097)537-5797

ファクス:(097)532-2790

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る