ホーム > 環境・まちづくり > 都市計画 > 公園緑地の整備・管理 > 公園などの公共施設で野生動物等にエサをあげないで!

更新日:2018年5月21日

ここから本文です。

公園などの公共施設で野生動物等にエサをあげないで!

野生動物等への餌付けは、その動物の持つ本来の行動パターンを変えるものとなりますので「餌付け」しないでください。

「餌付け」行為による被害

 人間の「餌付け」行為によって、人に近づくことで生き延びて、人を恐れない習慣を持つようになり、その結果、人の近くで巣作りをして、繁殖期には人を襲うなどの被害を生じさせる原因となります

   

 

 

 

騒音問題に発展する場合も

「餌付け」することで、多くの動物が集まり、鳴き声などにより周辺住民への騒音被害をもたらす場合があります。

                                                                                     

衛生状態の悪化も懸念されます

排泄による糞尿により衛生状態が悪化し、生活環境に被害をもたらします。

 

 

 

お願い

                                   

動物を守るためにも「餌付け」を行わないでください。

 

ペットをお連れの方へ

ペットのフン等を公園内に放置する事も、施設を汚損する行為に該当する場合があります。

 皆様が快適に利用できる環境を維持できるよう、ご協力お願いします。

 

 

お問い合わせ

都市計画部公園緑地課 

電話番号:(097)537-5976

ファクス:(097)538-1249

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る