更新日:2020年1月14日

ここから本文です。

交通安全施設

交通の安全のために、道路管理者が設置する施設として、防護柵・カーブミラー・街路灯(道路照明施設)・区画線等の施設があります。

防護柵(ガードレール・ガードパイプ等)は、車や人などが、車道や歩道への飛び出し及び転落等を防ぐために設置しています。

ガードレール

ガードパイプ など

カーブミラーは主に車同士の安全確認を対象にしており、見通しの悪いカーブや交差点に設置しています。

カーブミラー

街路灯(道路照明施設)は夜間における交通量が多い場所で、歩行者などの安全を確保するために横断歩道のところなどに設置しています。

独立型

共架型

防犯灯

*防犯灯は、各自治会の管理となっておりますのでお問い合わせは、もよりの自治会までおねがいします。

区画線は車や人などの交通の安全を誘導するために設けております。

中央線、外側線など

交通規制を伴うもの
(横断歩道・停止線など)

*交通規制標示に関するお問い合わせについては、もよりの警察署までおねがいします。

その他

車止め

点字ブロック

デリネーター

こんなときどうする?

  • 事故により破損してしまった・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・土木管理課
  • 新たに設置を希望する場合は自治会等を通じて・・・市民協働推進課
  • 区画線が消えている(交通規制を伴うもの)・・・・・・・各警察署
  • 壊れている・明かりが点いていない等・・・・・・・・・・・・道路維持課
お問い合わせの際は、緊急の場合も含めて電話等にて道路維持課まで連絡をお願いします。
※場所を住宅地図にて確認しますので住所や目印等が分かると現地の特定が早くできると思いますので御協力お願いします。

お問い合わせ

土木建築部道路維持課 

電話番号:土木建築部 道路維持課(097)537-5769~5・537-5772~5 市民部 市民協働推進課(097)537-5612~5 土木建築部 土木管理課(097)537-5630~5

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る