更新日:2013年9月14日

ここから本文です。

「チキリンばやし」の紹介

「チキリンばやし」とは

神の祭りに太鼓と鉦(かね)が古くからよく使われています。しかし、大分のチキリンばやしは鉦が中心になり太鼓がこれにそっておこなわれるお囃子です。この鉦をチキリンと呼ぶのはその叩き方に大きな特徴があり、鉦の丸い輪の部分をコンコン チキリン チキリン チキリンと交互に、しかも速いテンポで叩くもので、随分昔から大分の祭りばやしに伝わっており、全国的にも珍しいものです。このチキリンばやしのリズムを主軸にメロディを付け、歌詞に振りを付けたものがこの「チキリンばやし」です。

※「チキリンばやし」の歌詞は、昭和45年に発表した時は9番までありましたが、レコード版ではその中から4番を選んで発売されています。

チキリンばやしの画像

ダウンロード

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部観光課 

電話番号:(097)537-5626

ファクス:(097)537-5670

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る