ホーム > 健康・福祉・医療 > 予防接種 > 骨髄移植等により、定期の予防接種で得た免疫を失ったお子さんの再接種費用を助成します

更新日:2020年4月1日

ここから本文です。

骨髄移植等により、定期の予防接種で得た免疫を失ったお子さんの再接種費用を助成します

骨髄移植等の理由により、既に行った予防接種で得た免疫が消失し、再度、予防接種が必要と判断されたため、任意で再接種を希望される方に対し、接種費用を助成します。

実施時期

令和2年4月1日より開始

助成対象者

1.骨髄移植等の前に接種した定期の予防接種ワクチンの免疫消失したため、再接種が必要と医師が認める方

2.再接種を受ける日において大分市に住民登録されている方で、20歳未満の方(予防接種の種類により年齢制限があるものもあります)

助成対象となる予防接種及び回数

1.予防接種法(A類疾病)に定められている予防接種及び回数であること

2.骨髄移植等の前に接種した定期の予防接種ワクチンの免疫が低下または消失したため、再接種が必要と医師が認めるものに限る

助成額

再接種費用として医療機関に支払った額(文書料は除く)

※ただし、上限額があります。

費用助成の流れ

1.助成対象の認定申請書を提出

2.認定または不認定の決定を通知

3.再接種(費用は全額自己負担)

4.助成金支給申請書兼請求書を提出(接種日から1年以内)

5.指定の口座に振り込み

お問い合わせ

福祉保健部保健予防課 

電話番号:(097)535-7710

ファクス:(097)532-3356

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る