ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 観光ガイド > ホタルの鑑賞に行きませんか?

更新日:2014年6月11日

ここから本文です。

ホタルの鑑賞に行きませんか?

ホタルは古くから夏の風物詩として幻想的な風景を見せてくれる存在です。
大分市内でもホタル鑑賞を楽しむことができます。
この季節にしか見ることができない美しい景色を求めて出かけてみませんか。

ホタルの種類

ホタルの仲間は世界中で約2,000種類、国内では約40種類が生息しているといわれています。
その中でも、成虫になっても光るホタルは一部の種類のみで、多くのホタルは光りません。
国内で鑑賞できる代表的なホタルは、ゲンジボタルとヘイケボタルです。

ホタル鑑賞に適した条件

ホタルは、辺りが暗くなる午後7時30分頃から少しずつ飛び始め、午後9時を過ぎると徐々に減っていくので、午後8時台がお勧めです。
また、ホタルは湿度が高く暗い場所を好むので、曇っていて風がない蒸し暑い夜(気温20度以上)によく飛びます。
反対に月が明るい夜や、気温の低い日、雨の日、風の強い日にはあまり飛びません。ホタル鑑賞の前に気象条件を確かめてから出かけましょう。

ホタル鑑賞のマナー

  • (1)捕まえない
    ホタルの寿命は長くて7~10日です。ホタルを強く触ったり、持ち帰らないようにしましょう。
  • (2)騒がない
    近隣住民や他の鑑賞者に迷惑となりますので、大きな声や物音を出さないようにしましょう。
  • (3)汚さない
    ホタルが住める自然環境を守るため、ゴミは各自で持ち帰りましょう。
  • (4)照らさない
    ホタルは強い光が苦手です。車のヘッドライト、懐中電灯、カメラのフラッシュ等の使用は控えましょう。

写真提供は野津原太田の佐藤誠浩さんです。

市内でホタル鑑賞ができる場所の情報については下記ホームページをご覧ください。

お問い合わせ

商工労働観光部観光課 

電話番号:(097)537-7043

ファクス:(097)537-5670

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る