更新日:2020年4月1日

ここから本文です。

未熟児養育医療費の助成

からだの発育が未熟なままで出生した赤ちゃん(未熟児)には、特別な医療が必要です。医療費の自己負担分を国と県と市で負担します。

対象者

次のいずれかの状態で生まれ、入院による養育が必要な未熟児

  • 出生時の体重が2,000グラム以下
  • 在胎週数35週未満
  • 先天異常  育成医療の適用でないもの
  • 重症仮死
  • 呼吸不全
  • 重症黄疸
  • 低血糖
  • けいれんその他の神経学的異常等
  • その他未熟性に起因する異常

代理申請の可否

可(未熟児の保護者または親族が申請できます。)

※申請するお子さんと同一世帯の方(住民票が別世帯の同一生計者も含む)のマイナンバー(個人番号カードまたは通知カード )が必要となる場合があります。

申請窓口

  • 大分市保健所  健康課(〒870-8506  大分市荷揚町6番1号)
    電話番号(097)536-2562
    ファクス番号(097)532-3250
  • 東部保健福祉センター(鶴崎市民行政センター1階:大分市東鶴崎1-2-3)
  • 西部保健福祉センター(稙田市民行政センター1階:大分市玉沢743-2)

受付時間

午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝日を除く)

費用

無料
※添付書類(1.養育医療意見書)の発行には医療機関で別途料金がかかる場合があります。
※世帯の所得区分等によって、負担金が発生する場合があります。

事前に用意していただくもの

  1. 養育医療意見書(入院先の指定養育医療機関が発行)
  2. 対象となるお子様の健康保険証もしくは資格取得証明書
  3. 印鑑(スタンプ印不可)
  4. 個人番号(マイナンバー)
  • お子様と扶養義務者の個人番号カードまたは通知カード
  • 窓口に来られる方の本人確認ができる身分証明書

※上記のものがそろわない場合は、窓口にてご相談ください。

条件に当てはまる方のみ事前に用意するもの

<条件>申請するお子さんと同一世帯の方(住民票が別世帯の同一生計者も含む)のうち、以下に該当する方

  • 1~6月に申請する場合  …  前年1月1日に大分市に住民票が無かった方

       (6月に申請する場合は、当年1月1日に大分市に住民票があれば、以下の書類が不要になる場合があります。詳しくはお問い合わせください。)

  • 7~12月に申請する場合  …  当年1月1日に大分市に住民票が無かった方

 A・Bいずれかの方法によって必要書類が異なります

<受付方法A>

 前住所地で発行した最新年度の「市町村民税の税額証明」を提出(Bの提出は不要です。)

<受付方法B>
以下のものを持参した場合は、Aの「市町村民税の税額証明書」を省略できます。

窓口にて記入する書類

  • 養育医療給付申請書
  • 所得・税額調査同意書
  • 委任状(子ども医療費助成金関係)

注意事項

  1. 医療保険(健康保険)が適用されない部分(自由診療分、出産にかかる費用、オムツ代等保険適用外のもの)については、全額自己負担となります。
  2. 子ども医療費助成の申請を必ず行ってください。
  3. 結果については、申請より約2週間後に郵送します。 同封する「医療券」を指定養育医療機関へ提示してください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部健康課 

郵便番号870-8506 大分市荷揚町6番1号

電話番号:(097)536-2562

ファクス:(097)532-3250

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る