ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化 > 展覧会情報 > 過去の展覧会 > 平成19年度(展覧会情報) > 平成19年度 特別展4「竹久夢二・高畠華宵と大正ロマン・昭和モダンの画家たち展」のご案内

更新日:2016年8月31日

ここから本文です。

平成19年度 特別展4「竹久夢二・高畠華宵と大正ロマン・昭和モダンの画家たち展」のご案内

竹久夢二「婦人グラフ(大正15年4月号)」表紙の画像

『婦人グラフ(大正15年4月号)』表紙 竹久夢二

竹久夢二(たけひさゆめじ)・高畠華宵(たかばたけかしょう)は大正から昭和にかけて活躍した画家です。竹久夢二は岡山県に生まれ、新聞・雑誌の挿絵(さしえ)を描いて世に出ました。夢二が描く、郷愁(きょうしゅう)と憧憬(しょうけい)を感じさせる、愁い(うれい)を帯びた女性像は『夢二式美人』と呼ばれ、絶大な人気を誇りました。
愛媛県に生まれた高畠華宵は京都市立美術工芸学校日本画科で学び、広告絵を描いて評判となり、熱狂的な支持を受けました。
本展では、大正・昭和の大衆に幅広く受け入れられた竹久夢二・高畠華宵さらに蕗谷虹児(ふきやこうじ)、岩田専太郎、中原淳一など、大正ロマン・昭和モダンを代表する作家たちの日本画、版画に加え、絵葉書、楽譜、装丁本(そうていぼん)などを幅広く紹介し、大正ロマン・昭和モダンの世界を振り返ります。

高畠華宵「南国の唄」(口絵原画)の画像

《会期》
平成19年9月7日(金曜日)~10月28日(日曜日)

《開館時間》
午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)

《休館日》
9月10日(月曜日)、18日(火曜日)、25日(火曜日)、10月9日(火曜日)、15日(月曜日)、22日(月曜日)

《会場》
企画展示室

《展示解説》(観覧料(かんらんりょう)が必要です)
日時 会期中毎週水曜日午後2時~
場所 企画展示室
担当 美術館職員(しょくいん)

『南国の唄』(口絵原画)高畠華宵 弥生美術館

《観覧料》
一般:800(600)円、高・大生:600(400)円、中学生以下無料
※()内は団体(20名以上)料金。
※上記観覧料または「特別展観覧年間パスポート」により常設展も併せてご覧いただけます。
※「特別展観覧年間パスポート」は、一般2,400円・高大生1,600円で購入いただけます。
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者は無料(入館時に受付で手帳をご提示ください)
※画像の無断転載(二次使用など)は禁止します。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部美術館 美術振興課 

電話番号:(097)554-5800

ファクス:(097)554-5811

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?