ホーム > 環境・まちづくり > 都市計画 > 住環境整備事業 > 滝尾中部地区住環境整備事業

更新日:2020年6月3日

ここから本文です。

滝尾中部地区住環境整備事業

地区概要

滝尾中部地区は、大分市中心部から南東約3キロメートルの位置にあり、環状道路の整備により中心市街地や大分自動車道へのアクセス機能が高い住宅地と幹線道路沿道の工業地で構成されています。また、地域内には農地も多く点在しており自然豊かな地域でもあります。
しかし、この地区は公共施設が未整備のまま住宅化が進んだ事により、防災上危険な密集住宅地を形成し、狭隘道路が多数存在しています。

対象地区

大分市片島・羽田・米良の各一部

整備状況

本地区は、幹線道路と呼べる道路がなく円滑な交通体系が形成されていないことや、狭隘な生活道路が多いことから、災害時における緊急車両の進入困難等の防災上の不備および歩行者の安全確保が懸念されていました。このため住環境整備事業を行うことにより、緊急車両の進入経路や歩行者空間を確保し、安全・安心なまちづくりを推進しています。現在(都)片島松岡線(辻堂交差点~米良バイパス間)の整備に着手しており、主に用地買収を行っています。

整備概要

主な整備内容

都市計画道路:片島松岡線 全長=1,088メートル、幅員=18~25メートル

事業期間

平成29年度~令和8年度

 位置図

滝尾平面図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリックすると拡大します(PDF:981KB)

その他

  • 地元組織:滝尾中部地区住環境整備促進協議会
  • 事業制度:社会資本総合整備事業(防災・安全交付金事業)
  • 地区の皆さんと協働で整備内容を検討し、決定しました。
  • 『滝尾中部まちづくりニュース』を発行しています。

関連リンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市計画部まちなみ整備課 

電話番号:(097)537-5637

ファクス:(097)534-6120

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る