ホーム > 健康・福祉・医療 > お知らせ(健康・福祉・医療) > 11月は「大分いい歯の8020推進月間」です

更新日:2020年11月1日

ここから本文です。

11月は「大分いい歯の8020推進月間」です

「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という「8020運動」を推進するために、毎年11月8日をいい歯の日とし、11月を大分県独自の「大分いい歯の8020推進月間」として設定しています。

11月8日は「いい歯の日」

「いつまでも美味しく、そして、楽しく食事をとるために、口の中の健康を保っていただきたい」という願いを込めて、1989年(平成元年)より「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という「8020運動」を積極的に推進しています。「いい歯の日」は、その「8020運動」推進の一環です。

20本以上の歯があれば、食べ物をしっかりと噛むことができ、食事が美味しいと感じられると言われています。しっかりと噛めることは、消化を助けて病気を防いだり、バランスの良い栄養が摂れて健康になることにつながります。楽しく充実した食生活を送り続けるためには、生まれてから亡くなるまでの全てのライフステージで健康な歯を保つことが大切です。この機会にご自身やご家族の歯の健康について考えてみませんか。

関連リンク

お問い合わせ

福祉保健部健康課中央保健センター

郵便番号870-8506 大分市荷揚町6番1号

電話番号:(097)536-2517

ファクス:(097)532-3250

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る