ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 歴史 > 海部古墳資料館 > 亀塚古墳公園・海部古墳資料館

更新日:2016年1月22日

ここから本文です。

亀塚古墳公園・海部古墳資料館

海部古墳資料館は、5世紀初めに造られた、県下最大規模の前方後円墳である亀塚古墳(国指定史跡)と一体化したガイダンス施設で、出土品をはじめ、広く古墳文化を紹介しています。
館内は、大きく7つのゾーンで構成され、王ノ瀬天満宮の家形石棺などの実物資料や鉄器などの複製品のほか、古墳造りや海部のムラの生活を再現した九州一の大型ジオラマ、市内にあった古墳の復元模型を展示しています。また、パソコンを使って、市内の史跡や文化財情報を検索できるなど、楽しみながら学べる資料館となっています。
皆さんもぜひ来館し、古墳時代にタイムスリップしてみませんか。
 

亀塚古墳ができるまでに掛かった日数と人の数、費用は?

この亀塚古墳は、約2年半の年月が掛かり、延べ約167,000人の人が必要であったといわれます。また、今のお金に換算すると約188,500万円の費用が掛かると推定されます。 

亀塚古墳公園・海部古墳資料館(マップ)の画像(JPG:31KB)
上のマップの海部古墳資料館の上でクリックすると
海部古墳資料館の詳細がご覧になれます。

亀塚古墳公園・海部古墳資料館の地図

亀塚古墳公園・海部古墳資料館(マップ)の画像

古墳の世界が広がる海部古墳資料館

展示品の総数150点以上

この施設は、広く古墳文化を案内します。
規模は、地上1階、地下1階の2階建て約627平方メートルで、1階が展示室、地階が研修室、事務室などです。展示室には、古墳時代のジオラマ(古墳造りと海部のムラの模型)や副葬品などの出土品、市内の古墳、またさまざまな地域の古墳や墳墓などの模型が展示されます。さらに、ミニシアターや映像・情報コーナーが設けられ、映像により古墳の世界が学習できるよう工夫されています。

九州一の大型ジオラマの画像(JPG:8KB)

九州一の大型ジオラマ

亀塚古墳の世界の画像(JPG:8KB)

亀塚古墳の世界

利用案内(海部古墳資料館)

開館時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は翌日)但し毎月第1月曜日は開館し、翌日休館

年末年始(1228日~1月4日)

住所・連絡先

〒870-0303 大分市大字里646番地の1

電話097-524-2300 ファクス097-524-2301

アクセスについて

  • JR日豊本線:坂ノ市駅より徒歩30分
  • 大分自動車道:宮河内ICより車で15分
  • 大分バス:「城原」停留所より徒歩20分(「大分駅前6番」発)

入館料

無料

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部文化財課 

電話番号:(097)537-5639

ファクス:(097)536-0435

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る