ホーム > くらし・手続き > 防災・安全安心 > 防災・危機管理 > その他防災に関する情報 > 弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について

更新日:2019年2月8日

ここから本文です。

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について、国(内閣官房)が取りまとめたものを修正して掲載しましたので、注意してください。(主要な修正点(避難する場所):できるだけ頑丈な建物や地下→近くの建物の中または地下)

弾道ミサイル落下時の行動について

  • 弾道ミサイルは発射から極めて短時間で着弾します。
  • ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、テレビやラジオの緊急速報、お持ちの携帯電話・スマートフォンに、エリアメール(ドコモ)・緊急速報メール(ソフトバンク、KDDI、ワイモバイル)により緊急情報をお知らせします。

※SIMフリースマートフォンなど一部の機種では、アプリのダウンロードや設定が必要な場合があります。
  詳しくは、ご契約されている携帯電話会社へお問い合わせください。

メッセージの内容

日本の領土・領海に落下する可能性があると判断した場合
状況 メッセージ
1 ミサイル発射情報・避難の呼びかけ

ミサイル発射。ミサイル発射。

北朝鮮からミサイルが発射されたものとみられます。

建物の中または地下に避難してください。

2 直ちに避難することの呼びかけ

直ちに避難。直ちに避難。

直ちに建物の中または地下に避難してください。

ミサイルが●時●分頃、●●県周辺に落下するものとみられます。

直ちに避難してください。

3 落下推定情報
            (日本の領土・領海に落下)

ミサイル落下。ミサイル落下。

ミサイルが●時●分頃、●●県●●市周辺に落下したものとみられます。

続報を伝達しますので、引き続き屋内に避難してください。

 

サイレン音

国民保護ポータルサイト(国民保護に係る警報のサイレン音(別ウィンドウで開きます))で実際のサイレン音を聞くことができます。

メッセージが流れたら、直ちに以下の行動をとってください。

屋外にいる場合

  • 近くの建物(できればコンクリート造り等の頑丈な建物)の中や地下に避難する。
  • 近くに適当な建物等がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。

屋内にいる場合

  • できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

~行政からの指示に従って、落ち着いて行動してください~

詳細については、国民保護ポータルサイト(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。
英語版の国民保護ポータルサイト(別ウィンドウで開きます)も用意されています。

弾道ミサイルの飛来を想定した訓練の状況

Q&A

お問い合わせ

総務部防災局防災危機管理課 

電話番号:(097)537-5664

ファクス:(097)533-0252

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る