更新日:2013年6月17日

ここから本文です。

24年度 特別展4「佐脇健一展 未来の記憶」

佐脇健一「Landmark2012」2012年、鉄、砂(オブジェ)、アルミ板(背景)

佐脇健一展 未来の記憶

【概要】
佐脇健一(1949年、大分県生まれ、彫刻家)は、東京芸術大学大学院修了の1977年から、一貫してブロンズや鉄等を素材として、空間的な広がりを持つ「風景彫刻」に取り組み、1980年代半ばには、鉄塔、配水塔等の開発の痕跡を荒涼とした「廃墟」の風景として表現。1988年からは、『表相―炉心の構造』(1989年)等で原子炉、プルトニウム貯蔵施設等を未来の「廃墟」として再現した。
また、モノクロ写真に青色の油彩で彩色したフォトドローイング、クルミの木で作った箱に塔などの小品を入れたウッドワーク、作品を環境と関連付けて展示するインスタレーション、映像作品など、表現は多様化しつつ、現在も新たな展開を遂げている。
今回の展覧会では、大型の新作インスタレーションをはじめ、「風景彫刻」などの立体、フォトドローイング、映像、ウッドワークなどの作品126点を展示した。

【会期】平成24年5月18日(金曜日)~6月8日(金曜日)

【開館時間】午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)

【観覧料】一般800(600)円/高校生・大学生500(400)円
※中学生以下は市内、市外を問わず無料。
※()内は団体(20人以上)料金。
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳提示者とその介護者は無料。

【会場】大分市美術館企画展示室1、2

【主催】大分市美術館

【休館日】9月18日(火曜日)、24日(月曜日)、10月9日(火曜日)、15日(月曜日)

ダウンロード

佐脇健一「Landscape 表相 1993-1」1993年、鉄

【関連行事】

  • ミュージアムコンサート:土居裕子リサイタル
    • 日時 9月15日(土曜日)午後2時~3時
    • 場所 ハイビジョンホール
    • 参加者 92人
  • 佐脇健一によるギャラリートーク
    • 日時 9月22日(土・祝)午後2時~3時
    • 講師 佐脇健一氏
    • 場所 企画展示室
    • 参加者 72人
  • 対談:山木朝彦(鳴門教育大学教授)×佐脇健一
    • 日時 9月23日(日曜日)午後2時~3時30分
    • 対談者 山木朝彦(鳴門教育大学教授)、佐脇健一氏
    • 場所 ハイビジョンホール
      ※当日は、菅章大分市美術館長も加わり、鼎談となった。
  • ワークショップ「アルミ線で空間に線を引こう」
    • 日時 10月8日(月・祝)午後2時~4時
    • 講師 佐脇健一氏
    • 場所 研修室
    • 参加者 63人

【展示解説】美術館職員による展示解説(観覧券要)

  • 日時 会期中毎週水曜日午後2時~
  • 場所 企画展示室
  • 参加者 103人

【展示作品数】126点

【観覧者数】6,747人

佐脇健一「Landscape Teagan 2008」2008年、油彩・写真(下の作品)

ダウンロード

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部美術館 美術振興課 

電話番号:(097)554-5800

ファクス:(097)554-5811

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?