更新日:2013年6月17日

ここから本文です。

24年度 特別展5「生誕90周年記念 山下清展」

《長岡の花火》貼絵/1950(昭和25)年

生誕90周年記念

山下清展ロゴの画像

みんなが爆弾なんか

つくらないで

きれいな花火ばかり

つくっていたら

きっと戦争なんて

おきなかったんだな

「日本のゴッホ」「放浪の天才画家」と称された山下清は、1922(大正11)年に生まれ、49歳で亡くなるまで、激動の昭和という時代とともに歩んできた。その波乱に満ちた人生は、映画やテレビドラマにもなり、画家としての領域を超え、美術ファンのみならず幅広い層から支持されています。近年では、画家としての再評価が高まっているだけでなく、清独特の文体で書かれた文章にも注目が集まっており、山下清の人気は、ますます高まっている。
本展覧会は山下清の生誕90周年を記念し、山下清の代表的な貼絵を中心に、ペン画、油彩、水彩画など、約180点を展示した。また、数々の遺品や、写真資料、家族の証言などによって、テレビドラマや映画の中とイメージとは異なる、山下清の真の姿を紹介した。

なお、本展は大分合同新聞社と「生誕90周年記念山下清展実行委員会」を組織して開催した。

《自分の顔》貼絵/1950(昭和25)年

【会期】平成24年11月1日(木曜日)~12月16日(日曜日)

【開館時間】午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)

【休館日】第1月曜日を除く月曜日(月曜日が祝日の場合は、その翌日)

【観覧料】一般1,000円(前売り800円)/高校生・大学生700円(前売り500円)
中学生以下市内・市外を問わず無料

  • 団体(20名以上)は前売り料金。
  • 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳提示者とその介護者は無料
  • 上記観覧料で、コレクション展もご覧いただけます。

【主催】大分市美術館、大分合同新聞社、生誕90周年記念山下清展実行委員会

【講演会】(聴講無料)

  • 日時 11月18日(日曜日)午後2時~午後3時30分
  • 講師 山下浩 氏(山下清作品管理事務局代表)
  • 場所 ハイビジョンホール
  • 参加者 147人

【展示解説】美術館職員による展示解説(要観覧料)

  • 日時 会期中毎週水曜日午後2時~
  • 場所 企画展示室
  • 参加者 263人

【出品点数】184点

【観覧者数】24,182人

【特別協賛】ヤクシングループ

【協賛】大分銀行、三栄ホーム、フォレスト・ホールディングス、宮崎マイカーセンター、よしばん

【協力】山下清作品管理事務局

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部美術館 美術振興課 

電話番号:(097)554-5800

ファクス:(097)554-5811

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?