ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 歴史 > 大分市歴史資料館 > 展覧会 > 特別展 > 今年度の特別展 > 大分市歴史資料館 第37回特別展「日本100名城 大分府内城」(平成30年度特別展)

更新日:2018年10月1日

ここから本文です。

大分市歴史資料館 第37回特別展「日本100名城 大分府内城」(平成30年度特別展)

日本100名城 大分府内城ポスター

府内城は、1597(慶長2)年に福原直高によって築城が始められ、竹中重利によって完成した城郭です。
その城郭と城下町は、府内を訪れた福岡藩の儒学者である貝原益軒(1630~1714)によって、「すこぶる大なり」・「すこぶる広し」と評されました。また、四層の天守は、これに取り付く櫓や門が設けられ、直接登ることはできない堅牢な造りとなっていました。
本特別展では、日本城郭協会の後援をうけ、「日本100名城」に選定されている近世城郭の内、天守が現存する12の復元模型を展示します。併せて、安土城や姫路城などの資料とともに、府内城の実像に迫ります。

会期

  • 平成30年10月5日(金曜日)~11月25日(日曜日)

休館日

  • 10月9日(火曜日)、15日(月曜日)、22日(月曜日)、29日(月曜日)
  • 11月12日(月曜日)、19日(月曜日)

開館時間

  • 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

観覧料

  • 大人 200円(団体150円)
  • 高校生 100円(団体50円)
  • 中学生以下は無料
    ※団体は20人以上
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者は無料。受付で手帳を提示してください。

特別展解説講座

日時

  • 10月21日(日曜日) 午後2時~

場所

  • 大分市歴史資料館 講座室

参加料

  • 無料 ※参加者は大分市歴史資料館での観覧料が無料になります。

特別展記念講演会

日時

  • 11月4日(日曜日) 午後1時30分~(開場 午後1時)

場所

  •  大分市歴史資料館 講座室

講師

  • 佐藤 大規 氏(広島大学総合博物館学芸員)

テーマ

  • 「府内城の魅力-天守・櫓・縄張-」

定員

  • 70人(当日先着順)

参加料

  • 無料 ※参加者は、大分市歴史資料館での観覧料が無料になります。

ダウンロード

 

  • 豊後府内城之絵図(部分)【国立公文書館デジタルアーカイブを使用】

  • 御城下絵図(部分)大分市歴史資料館】

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部文化財課歴史資料館

大分市国分960番地の1

電話番号:(097)549-0880

ファクス:(097)549-5766

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?