ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化財 > お知らせ(文化財) > 府内地域の文化遺産の保存と整備のための寄附金を募集します

更新日:2022年5月2日

ここから本文です。

府内地域の文化遺産の保存と整備のための寄附金を募集します

基金チラシ

 

かつて「府内」と呼ばれた大分市中心部は、中世には大友氏の本拠地として、近世には府内藩の城下町として栄え、その繁栄の証ともいえる「大友氏遺跡」や「府内城跡」などの文化遺産が各地に存在しています。本市では、これらの貴重な文化遺産を過去から現在、そして未来につなげていくため、「大友氏遺跡歴史公園整備事業」・「大分城址公園整備・活用事業」を進めています。今後、これらの事業をより一層推進していくため、この2つの事業に対する寄附金を募集します。

府内地域で進めている整備事業について

歴史公園整備

大友氏館跡歴史公園整備イメージ図

(大分市ホームページより)

大友氏遺跡歴史公園整備事業

大友館は、中世に豊後国を支配した大友氏の居館です。平成10(1998)年の庭園跡の発見によりその存在が明らかとなり、平成13(2001)年に国史跡に指定されました。令和2(2020)年には「大友氏館跡庭園」が復元整備され、現在は宗麟公生誕500年にあたる令和12(2030)年に向けて「大友館中心建物」等の復元を含む歴史公園の整備を進めています。

大分城址公園長期整備鳥瞰イメージ図

(「大分城址公園整備・活用基本計画」より)

大分城址公園整備・活用事業

府内城は、慶長2(1597)年に福原直高(長堯)により築城が始められ、同7(1602)年に竹中重利が完成させた近世城郭です。江戸時代には府内藩の政治経済の中心地でした。府内城跡にある大分城址公園では、平成29(2017)年に「大分城址公園整備・活用基本計画」が策定され、現在、文献史料・発掘などによる基礎調査を進めています。なお、天守等の歴史的建造物の復元については、調査研究の成果に基づいて判断することとしています。

募集開始日

  • 令和4年5月2日(月曜日)から

寄附金額について

  • 1件のお申込みにつき10,000円以上から受け付け致します。

寄附金の申込方法

1.「FUNAI文化遺産整備基金寄附申込書」(下記よりダウンロード可)に必要事項をご記入のうえ、原則、郵送またはメール(bunkazai@city.oita.oita.jp)にて文化財課にお申し込みください。

2.後日、お申し込み者宛てに「大分市納入通知書兼領収証書」を送付致しますので、お近くの金融機関にて寄附金をお振込みください。(提携金融機関以外は別途手数料が必要となります。)

 

※大分市ホームページ等にて、寄附された方のお名前をご紹介させていただきます。(希望者のみ)

※寄附者が暴力団員または、暴力団もしくは暴力団員と密接な関係を有する者である場合は申出をお断りさせていただいております。

ダウンロード  

寄附金のお申込み・お問い合わせ先

大分市教育委員会文化財課(〒870-8504 大分市荷揚町2番31号 大分市役所第2庁舎6階)

電話番号 097-537-5711

メールアドレス bunkazai@city.oita.oita.jp

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る