ホーム > くらし・手続き > 防災・安全安心 > 消防・救急 > 休日夜間当番医 > 小児救急ハンドブック(第5版)

更新日:2018年12月6日

ここから本文です。

小児救急ハンドブック(第5版)

「小児救急ハンドブック(第5版)」は、市内の小児科医療機関や保健所で行う幼児健診(1歳6ヵ月・3歳児健診)などの際に配布しています。また、下記ダウンロードファイルからもご覧いただけますのでご利用ください。

本市では、小児救急病院への患者さんの集中を緩和し、小児救急医療体制の維持を図るため、平成24年4月に小児科の先生方のご協力のもと「大分市小児夜間急患センター」を開設し、夜間の救急患者の受け入れを行っています。

しかし、休日・夜間に急を要しないと思われる軽症の患者さんの受診が増えると、重篤な患者さんへの対応に遅れや支障が出る可能性があります。また、医療従事者の負担も増大するため、小児救急医療体制の維持が困難となっていくことも考えられます。

こうしたことから、市民の皆様には、通常の診療時間内での受診を心がけていただき、緊急やむを得ない場合を除き、時間外の診療を控えるなど「適正受診」にご理解とご協力をいただくことが必要です。

このたび、大分県医師会・大分県小児科医会の先生方のご協力をいただき、こどもの事故や発熱、嘔吐などのよくある症状ごとに、観察のポイントや家庭での対応を分かりやすくまとめた「小児救急ハンドブック(第5版)」を作成いたしました。

子どもさんの具合が悪くなったときに、様子を見ても良いのか、すぐに医療機関を受診した方が良いのかなど、ご家庭で判断する際の一助としていただければ幸いです。

小児救急ハンドブック(画像またはテキストをクリックするとPDFファイルがダウンロードできます)


関連情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部保健総務課 

郵便番号:870-8506 大分市荷揚町6番1号

電話番号:(097)536-2222

ファクス:(097)532-3105

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る