ホーム > くらし・手続き > 防災・安全安心 > 防災・危機管理 > 防災関連マップ > おおいた洪水ハザードアプリの配信を開始しました

更新日:2019年8月7日

ここから本文です。

おおいた洪水ハザードアプリの配信を開始しました

「おおいた洪水ハザードアプリ」の配信を開始しました。本アプリは、洪水ハザードマップの浸水データや指定緊急避難場所等の防災情報を搭載したものです。 いざという時の避難の判断材料として利用していただくとともに、洪水災害に関する防災意識の向上にご活用ください。

【1】特徴

  • AR(拡張現実)により、今いる場所において想定される浸水想定情報を、視覚的に認識することができます。(右図)イメージ画像
  • 誰でも簡単に入手できるツールのため、転入者や観光客、外国人等に対しても防災情報を提供できます。
  • 平常時においても、洪水によるリスクの確認や、防災訓練での利用等の学習ツールとして利用できます。

【2】アプリの入手方法

  • iPhoneおよびスマートフォンからは、下記のQRコードまたは、リンクからアプリをダウンロードのうえ、ご利用ください。

【3】主な機能

  • 大分市洪水ハザードマップの情報面をアプリ内に掲載
  • 地図面に浸水深のデータと進行方向を表示
  • 最寄りの指定緊急避難場所の施設名と距離を表示
  • 現在地周辺の映像に想定浸水深を3Dで合成表示

QRコード  

QRコード

リンク

お問い合わせ

土木建築部河川・みなと振興課 

電話番号:(097)537-5632

ファクス:(097)532-7545

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る