ホーム > 健康・福祉・医療 > 健康・保健・衛生 > 大分市慢性腎臓病(CKD)病診連携システムをご利用ください

更新日:2019年3月26日

ここから本文です。

大分市慢性腎臓病(CKD)病診連携システムをご利用ください

大分市CKD病診連携システム

からだの中の老廃物を尿として排泄し、血液をきれいに保ってくれる大事な「腎臓」。この機能がさまざまな理由で低下する「CKD(慢性腎臓病)」が問題になっています。自覚症状がないままに進行し、その機能が失われてしまうと、腎不全で死に至る危険もあります。

CKDの重症化予防のためには、一人の患者さんに対して、必要に応じてかかりつけ医(病診連携医)と腎臓専門医とが併診(診療連携)を行うことが効果的です。この併診を行う、大分市CKD病診連携システムが平成25年4月からスタートしています。

 

●大分市CKD病診連携システム概要(PDF:360KB)

●大分市CKD病診連携システムをご利用ください!!(PDF:335KB)

1.目的

大分市は、人工透析患者の割合が高い水準にあることから、医師会や腎臓専門医の在籍する医療機関と協働し、CKDの発症予防や悪化防止のための総合的な取り組みを行い、新規透析導入患者減少をを目指します。

2.連携の内容

より良いCKD診療のため、かかりつけ医と腎専門医が併診(診療連携)して患者さんの治療を継続するものです。

  1. 健診の結果で、腎機能が受診勧奨レベルとなった方は、かかりつけ医(病診連携医)を受診し相談します。
  2. かかりつけ医は、診察の結果、患者さんの腎機能が紹介基準にある場合、腎専門医へ紹介します。
    ◎紹介シート使用
  3. 腎専門医は、必要な検査等を行い、正確な腎機能を把握し、病気の診断および治療方針の決定を行います。そしてその情報をかかりつけ医へ提供します。
    ◎返信シート使用
  4. かかりつけ医は、腎専門医からの指示を受け、CKD診療を継続します。
  5. その後も腎専門医とかかりつけ医は連携して患者さんにより良い治療を行います。必要に応じて腎専門医に再紹介し、腎機能の判定や治療方針の変更を行います。
    ◎CKD手帳の活用

●医療機関用<大分市CKD病診システム様式1~3>(エクセル:55KB)

病診連携イメージ図

病診連携イメージ図の画像

 

 

3.腎専門医と病診連携医

腎専門医

公的病院または準公的病院(医師会立病院)に在籍する腎臓内科医師

日本腎臓学会の認定する腎臓専門医

大分市生活習慣病対策推進協議会で承認された医師

病診連携医

大分市CKD病診連携システムに協力いただけるかかりつけ医師

●大分市CKD病診連携システム協力医療機関一覧(PDF:243KB)

「腎専門医」および「病診連携医」の各医療機関は下記のステッカーが目印です。

「腎専門医」・「病診連携医」各医療機関ステッカーの画像

4.専門医への紹介基準

eGFR値による紹介基準 *eGFR値=ml/min/1.73平方メートル

1

eGFR※1

45未満

2

3カ月以内に、30パーセント以上のeGFRの低下

蛋白尿による紹介基準

3

尿蛋白(+)以上

4

蛋白尿※2(0.15~0.49g/日)かつ血尿が(1+)以上

 ※1.40歳未満はeGFR60未満

 ※2.蛋白尿については、尿蛋白定量検査が望ましい。

(参考)1年間のΔeGFR5以上の低下

●大分市CKD病診連携システムの紹介基準について(PDF:433KB)

5.システムの有効な活用の為に

CKDは現在、「薬物療法」「食事療法」「生活習慣の改善」を正しく行えば、病気の進行を遅らせることが可能になってきました。

しかし、自己のみの判断では、かえって病気を進行させたり、他の病気を発症させることがあります。

かかりつけの医師とよく相談を行い、希望を持って治療に取り組みましょう。

関連情報

ダウンロード

●大分市CKD病診連携システム概要(PDF:360KB)

●大分市CKD病診連携システムをご利用ください!!(PDF:335KB)

●医療機関用<大分市CKD病診システム様式1~3>(エクセル:55KB)

●大分市CKD病診連携システム協力医療機関一覧(PDF:243KB)

●大分市CKD病診連携システムの紹介基準について(PDF:433KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部健康課 

郵便番号870-8506 大分市荷揚町6番1号

電話番号:(097)547‐8219

ファクス:(097)532-3250

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る