ホーム > くらし・手続き > 国民健康保険・年金 > 国民健康保険 > 国保の保険税 > 非自発的失業者に対して国民健康保険税が軽減される場合があります

更新日:2019年4月9日

ここから本文です。

非自発的失業者に対して国民健康保険税が軽減される場合があります

会社の倒産・解雇等で失業した人を対象に、国民健康保険税が軽減される場合があります。

対象の人は申告が必要ですので『雇用保険受給資格者証』を持参の上、国保年金課(本庁舎1階9番窓口)または各支所、本神崎・一尺屋連絡所に申告をしてください。

※届出書類への個人番号(マイナンバー)の記入および申請時の本人(身元)確認が必要となります。

対象者

『雇用保険受給資格者証』離職理由番号「11・12・21・22・23・31・32・33・34」に該当する人。(離職日時点で65歳以上の人は対象となりません。)

軽減額

軽減対象者の前年の給与所得を3割とみなして保険税を算定します。

軽減対象期間

離職日の翌日の属する月から翌年度末まで

  • 非自発的失業軽減に該当した人が、社会保険に加入したり生活保護を受給したりしたのち再び国保に加入した場合、失業軽減対象期間内であれば軽減が適用されます。

※下記画像を参照ください。

非自発の説明画像

お問い合わせ

市民部国保年金課 

電話番号:(097)537-5736

ファクス:(097)537-2098

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る