更新日:2017年7月26日

ここから本文です。

28年度 特別展5「ミュシャ展」

大分合同新聞創刊130周年記念事業

アルフォンス・ミュシャ(ミュシャはフランス語表記、チェコ語はムハ。1860~1939)は、オーストリア帝国に属していたチェコに生まれ、幼い時より絵を描き続け、近隣の領主エゴン伯爵にその才能を認められ、1887年、伯爵の援助を受け、パリに美術留学しました。しかし、1889年、突如、援助を打ち切られたために、挿絵などを描いて生計を立てざるを得なくなりました。
1894年の暮れ、大女優サラ・ベルナールが主演する正月公演のポスターの依頼を受け、短期間でポスター《ジスモンダ》を制作、このポスターは圧倒的な人気を博し、ミュシャは無名の挿絵画家から一躍、デザイン界のスターとなりました。
その後、サラの芝居のポスターをはじめ、菓子、香水、自転車、旅行などの広告ポスターや装飾パネル、さらに豪華本の挿絵などを次々に制作、1900年にはパリ万国博覧会でも注目を集め、アール・ヌーヴォーの旗手としての地位を不動のものとしました。
1910年、パリでの栄光を捨て故郷チェコに帰り、スラヴ民族・文化に関わる作品に取り組み、そして、1918年独立を果たしたチェコスロバキアの国家行事のポスター、紙幣、切手などのデザインを次々に手がけました。
本展では、代表作《ジスモンダ》(アメリカンツアー、1895年)をはじめ、ポスターから、装飾パネル、本の挿絵、雑誌の表紙、ポストカード、切手、紙幣に至るまでミュシャの制作活動の全容を紹介しましました。

【会期】平成28年10月8日(土曜日)~12月4日(日曜日)

【休館日】10月11日(火曜日)、17日(月曜日)、24日(月曜日)、31日(月曜日)、11月14日(月曜日)、21日(月曜日)、28日(月曜日)

【開館時間】午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)

【会場】大分市美術館 企画展示室

【観覧者数】16,993人

【展示内容】「パリ時代の魅力的なポスター」、「くらしの中の装飾パネル」、「装飾資料集、人物資料集」、「本の挿絵・雑誌の表紙」、「ポストカード、切手、紙幣、メニュー、商品パッケージ」、「祖国チェコへの思いを募らせるアメリカ時代」、「祖国チェコへ戻って」の7部構成でミュシャ作品467点展示

 

《桜草》1899年

《羽根》1899年

《モンテカルロ》1897年

《黄道十二宮》1896年

《薔薇》1898年

 

【観覧料】 一般 1,200円(1,000円)/高校生・大学生 900円(700円)/中学生以下無料

 ※()は前売りおよび20人以上の団体料金
※上記観覧料でコレクション展も併せてご覧になれます。
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳提示者とその介護者は無料。
※本展は「大分市美術館年間パスポート」がご利用になれます。

【主催】 大分市美術館/大分合同新聞社/ミュシャ展実行委員会

【特別協賛】 ヤクシングループ

【協賛】 アンジェリック クリニック 浦田/大分銀行/国際ソロプチミスト大分・みどり・府内/三井住友銀行/吉伴株式会社

【後援】 チェコ共和国大使館/チェコセンター/大分・チェコ友好協会/NHK大分放送局/OBS大分放送/TOSテレビ大分
OAB大分朝日放送/エフエム大分/OCT大分ケーブルテレコム/NOAS FM/ゆふいんラヂオ局

【協力】 堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)/箱根ラリック美術館/OZAWAコレクション/KATOコレクション
OGATAコレクション/大分大学/大分県立芸術文化短期大学/大分県立芸術緑丘高等学校
大分県立鶴崎工業高等学校 

【企画協力】 文化企画 国際協力啓発月間事業

関連展覧会

  1. 高校生によるミュシャポスター展
    会期:平成28年10月5日~20日
    会場:美術館研修室
    展示数:66点
  2. ideal Picture 2016[0と1と]
    会期:平成28年11月10日~11月27日
    会場:美術館研修室
    観覧者数:963人

講演会

  1. ミュシャとその時代
    日時:平成28年11月6日午後1時30分~3時
    場所:美術館ハイビジョンホール
    講師:菅章(大分市美術館館長)
    聴講者:64人
  2. [0と1と]ミュシャ
    日時:平成28年11月12日13時30~15時
    場所:美術館ハイビジョンホール
    講師:於保政昭氏(大分県立芸術文化短期大学デザイン専攻講師)
    聴講者:68人

コレクター尾形寿行によるギャラリートーク 

会期中14回実施

場所:企画展示室1、2

講師:尾形寿行氏(コレクター)

参加者:計517人

原きよ 美術館朗読ライブ企画「ミュシャ展に寄せて」

日時:平成28年10月23日午後2時~3時

場所:美術館ハイビジョンホール

出演:原きよ氏(朗読家)

参加者:124人

音楽会

日時:平成28年11月20日午後2時~3時 

場所:美術館ハイビジョンホール 

出演:河井美惠氏(ソプラノ)、小町美佳氏(ピアノ)

参加者:69人

ワークショップ

  1. 自分のミュシャをつくろう 大人のぬり絵講座
    日時:平成28年10月9日、16日午後1時30分~3時30分
    場所:チャイルドハウス
    講師:塔鼻映子氏(カラーデザイナー) 
    参加者:計44人
  2. 大分合同新聞アストビ企画 自分のミュシャをつくろう 大人のぬり絵講座
    日時:平成28年10月20日午後2時~4時
    場所:チャイルドハウス
    講師:塔鼻映子氏(カラーデザイナー)
    参加者:28人
  3. 髪飾りを作ってなりきりミュシャ!
    日時:平成28年11月13日午後1時30分~4時
    場所:チャイルドハウス、企画展示室
    講師:廣瀬剛氏(大分大学教育学部教授)
    参加者:12人
  4. ヤクシンプレゼンワークショップ 髪飾りを作ってなりきりミュシャ!
    日時:平成28年11月27日午後1時~3時30分
    場所:チャイルドハウス、企画展示室
    講師:廣瀬剛氏(大分大学教育学部教授)
    参加者:10人(大分県立聾学校児童、生徒)
  5. デモンストレーション[体験・複製技術]
    日時:平成28年11月13日午後4時~6時
    場所:美術館研修室
    講師:於保政昭氏(大分県立芸術文化短期大学デザイン専攻講師)
    野村菜美氏(大分県立芸術文化短期大学非常勤講師)
    大分県立芸術文化短期大学メディアデザインコース於保研究室
    参加者:25人
  6. ミュシャ[もしゃ]スタンプ
    日時:平成28年11月13日午後4時~3時30分
    場所:美術館研修室
    講師:於保政昭氏(大分県立芸術文化短期大学デザイン専攻講師)
    野村菜美氏(大分県立芸術文化短期大学非常勤講師)
    大分県立芸術文化短期大学メディアデザインコース於保研究室
    参加者:31人

ミュシャ風イラスト募集の応募作品展示

展示数:一般32点、小学生160点、計192点

展示場所:ハイビジョンブース

美術館職員による展示解説

日時:会期中毎週水曜日午後2時~

場所:企画展示室

参加者:295人

ダウンロード

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部美術館 美術振興課 

電話番号:(097)554-5800

ファクス:(097)554-5811

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?